坂本昌行、少年達のタップに「吸収力がすごい」 井上芳雄から共演の誘いも

坂本昌行、少年達のタップに「吸収力がすごい」 井上芳雄から共演の誘いも

画像提供:マイナビニュース

アメリカ演劇界において最高の権威である「第71回トニー賞授賞式」が日本時間の12日、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われ、WOWOWが生中継した。

日本のスタジオではスペシャル・サポーターの俳優・井上芳雄と、スペシャル・ゲストであるV6・坂本昌行が『ラ・ラ・ランド』の楽曲「City of Stars」「Another Day of Sun」をデュエットで披露した。2014年から同賞のサポーターを務める井上だが「こんなに振り付けが入ったのは初めて」と苦笑した。

またスタジオではミュージカル『ビューティフル』主演の水樹奈々&平原綾香、『ビリー・エリオット』に出演する子役の前田晴翔&持田唯颯がパフォーマンスを披露。少年たちのパフォーマンスに、タップが得意な坂本も「すぐに(自分を)越えちゃうでしょうね。吸収力が半端ないですね」と感心していた。

スペシャルゲストの坂本は改めて「この番組をずっと見てたんですよ。出たいなと思いながらこのお話をいただいて、嬉しかった。改めてトニー賞の素晴らしさを感じました」と語った。また、井上も「僕もいくつか自分がやれそうなものを、もう」とニヤリ。出たい作品を同時に発表しようとしたものの、井上が「一緒にやります? かぶっちゃうとダメだから」と誘い、2人で笑い合っていた。

『第71回トニー賞授賞式』(字幕版)は17日19時より、WOWOWプライムにて放送。井上と坂本のパフォーマンスも再度放送される。

関連記事(外部サイト)