小栗旬「イカれたドラマが作れた」-『CRISIS』最後は"高校生のケンカ"!?

小栗旬「イカれたドラマが作れた」-『CRISIS』最後は"高校生のケンカ"!?

画像提供:マイナビニュース

きょう13日(21:00〜)に最終回を迎えるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。今年2月に迎えたクランクアップでの、主演・小栗旬と西島秀俊の様子が明らかになった。

西島は、爆破された特捜班オフィスセットで撮影を終え、小栗から花束を渡され、笑顔で抱擁。西島は「お疲れさまでした! みんなと顔合わせをした時に『本当にインするんだ』って初めて実感しました。今終わってみて、あらためてこれだけ順調に撮影ができたのは、スタッフの皆さん全員の力だと思います。皆さんとご一緒できてうれしかったです。こんなに達成感のある現場は今までありません! より一層、俳優として頑張っていきます」と、達成感と安堵をにじませた表情であいさつした。

一方、小栗最後の撮影はその翌日で、最終話ではなく、第1話の自衛隊時代のシーン。このために髪を短く刈り込んで撮影に臨んだ小栗は「本当にこのスタッフじゃなければ成立しなかった数カ月だと思います。皆さん本当にありがとうございました」と感謝した。

そして、「最後までたどりついてホッとしております。こうしてクランクアップができてうれしいのと、なかなかイカれたドラマが作れたんじゃないかと思っております。お客さんたちがワクワクしてくれるようなドラマになってくれることを願っています。ケガなくここまで来られてよかったです。お疲れさまでした!」と、独特の表現であいさつ。1人でのクランクアップとなったが、「昨日の方が泣きそうでした」と話し、強い結束で撮影を乗り切った特捜班メンバーへの思いを感じさせた。

今夜の最終話は、15分拡大で放送。特捜班のオフィスを爆破した、稲見(小栗)の自衛隊時代の同僚・結城(金子ノブアキ)への反撃を開始する中、結城は総理大臣の岸(竜雷太)の狙撃を目論む。

小栗は「稲見と結城のバトルは、技術と技術のぶつかり合いから一瞬の隙が命取りになるような殺し合い、そして最後は高校生のようなケンカになります。泥臭い男の戦いをご覧いただければ」と見どころを紹介。西島は「小栗君と金子君の壮絶なアクションシーンを楽しみにしています。稲見の過去や本音も明らかになっていく中で、最後まで規格外のドラマになっています。怒とうの展開をぜひお楽しみください」と話している。

関連記事(外部サイト)