真野恵里菜、逃げ恥"恋ダンス"は当初選抜外「自主練して売り込みました」

真野恵里菜、逃げ恥"恋ダンス"は当初選抜外「自主練して売り込みました」

画像提供:マイナビニュース

女優の真野恵里菜が、あす15日に放送される読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00〜)に登場。出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でのエピソードを語る。

『DX』に7年ぶりに出演する真野。昨年10〜12月に放送された『逃げ恥』(TBS系)だが、「去年は9月以降仕事が入ってなくて…。その時に舞い込んできたのがこの作品。幸運だったなって…」と、救われたことを振り返る。

同作の主演・新垣について聞かれると、「マイナスイオンが出てます。隣に座るだけで癒やされるんですよ」とほれぼれ。また、エンディングでの"恋ダンス"がブームになったが、真野は当初メンバーに呼ばれなかったそうで、「自主練して『踊りたいです』ってスタッフに売り込みました」と意外な裏話を明かす。

この日の放送では他にも、峯村リエが初登場。大河ドラマ『真田丸』で大蔵卿局役を演じたが、「自分では嫌われ者の役って分からなかった。一生懸命お芝居をして気付いたら嫌われていた」と意識せずに悪役を演じていたという。この話を聞いた品川庄司の品川祐は「僕も一生懸命バラエティに出ていたら世間から嫌われていた」と訴える。

関連記事(外部サイト)