ブルゾンちえみ効果! 「ダーティ・ワーク」洋楽チャート通算14週1位で新記録

ブルゾンちえみ効果! 「ダーティ・ワーク」洋楽チャート通算14週1位で新記録

画像提供:マイナビニュース

米歌手オースティン・マホーンの楽曲「ダーティ・ワーク」が、Billboard Japanの総合洋楽チャート(Hot Overseas)で通算14週目の1位に輝き、歴代記録を更新したことが14日、明らかになった。

「ダーティ・ワーク」は、お笑い芸人・ブルゾンちえみが、キャリアウーマンネタを披露する際に使用されている楽曲。2015年7月にリリースされたが、ブルゾンのブレイクとともに、楽曲にも人気が集まり、今年に入って日本でのチャートが急上昇している。

iTunesソング・チャートを含む主要音楽配信サイトで9冠を獲得。Billboard Japanの洋楽チャートでは、2月27日付で初めて1位を獲得してから、8週連続1位で新記録を達成している。

今回、Billboard Japanの総合洋楽チャートで通算14週目の1位を達成し、これまでテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」と、ブルーノ・マーズ「24K・マジック」が持っていた13週の記録を更新。来月には、ジャパンツアーで来日することが決まっており、さらなる記録の更新に期待がかかる。

関連記事(外部サイト)