西島秀俊、猫に翻弄される役でギャップ「最初は拳銃が出てくるかと」

西島秀俊、猫に翻弄される役でギャップ「最初は拳銃が出てくるかと」

画像提供:マイナビニュース

6月23日よりNHK総合でスタートするドラマ10『ブランケット・キャッツ』(毎週金曜日 22:00〜 全7話)の試写会が14日、東京・渋谷の同局で行われ、西島秀俊、吉瀬美智子、島崎遥香、蓮佛美沙子が出席した。

重松清の同名小説を実写化した同ドラマは、7匹の猫たちの新しい飼い主探しをする謎の家具店店長・椎名秀亮(西島秀俊)と幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬美智子)が、猫を通して人々の人生に小さな光を灯す心温まる物語。

猫たちとの芝居に西島は「普通の猫って脅かしたら逃げたりするんですが、みんな落ち着いていて一緒に芝居をしてくれた印象でした」と好印象だったが、第1話にゲスト出演した蓮佛から「私は引っ掻かれたのに!」と明かされると、西島は「1話の時はまだ猫たちも慣れてなかったんですよ(笑)」と苦笑い。その西島扮する主人公の秀亮と幼なじみの美咲役を演じた吉瀬も「一度目を見た時は自分のダメ出しをしてストーリーに入れなかったんですが、昨日見直したら感動して泣けたんです。10年20年経っても、本当に良かったと思える作品じゃないかといち視聴者として思いました」と作品の出来に自信を見せた。

猫に翻ろうされる家具店店長を演じた西島。『MOZU』(TBS系)や今クールの『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)のイメージが強いせいか、蓮佛は「私のイメージだと西島さんは誰かと戦っていて、凶悪な敵と立ち向かっているイメージだったので、開始1秒から猫に翻ろうされている姿を見て『あっ、良かったな』と不思議な安心感がありました」(蓮佛)、と明かされ、「最初は拳銃が出てくるんじゃないかと思いましたが、全然そんなことなくて、普段はイメージと違っていて話しやすいし、もっと友だちになりたいという感じの方です」(吉瀬)と女性陣から世間のイメージとは異なる点を強調されて思わず苦笑いを浮かべていた。

関連記事(外部サイト)