矢口真里、℃-uteロスを涙目で告白「アイドル業界で右に出るものはいない」

矢口真里、℃-uteロスを涙目で告白「アイドル業界で右に出るものはいない」

画像提供:マイナビニュース

元モーニング娘。でタレントの矢口真里が、13日深夜に生配信されたAbemaTVの番組『矢口真里の火曜The NIGHT』(毎週火曜25:00〜27:00)で、℃-ute解散について心境を語った。

矢口は、同じ事務所の後輩でもあるアイドルグループ・℃-uteが、12日にさいたまスーパーアリーナで開催したコンサートをもって解散したことに触れ、「私は今、℃-uteロスです」と心境を告白した。

そして、「ひいき目じゃないんですけど、昨日までのアイドル業界で℃-uteの右に出るものはいないと思いましたね。歌も完璧、ダンスも完璧、トークも完璧、何より美貌も完璧。5人いるのに全員可愛い! アイドルの中で第1位です」と℃-uteを絶賛。続けて、「なぜ解散!?って思った人が(コンサート)会場内にたくさんいたと思う。もちろんこれからの道を応援しているんですが、引退することがもったいなくて…」と目に涙をうかべながら本音を打ち明けた。

また、「アイドルは一生(できること)ではない」と意見。「ただ、モーニング娘。'17は今どんどん進化しています。アイドルを持続させていくところが(モーニング娘。の)すごいところ。名前を残していくことが大変。だから、モーニング娘。'17をよろしくお願いします」とモーニング娘。'17への強い思いも語った。

(C)AbemaTV

関連記事(外部サイト)