生田斗真×菅田将暉が舞台で初共演! ハムレットスピンオフ名作に挑む

生田斗真×菅田将暉が舞台で初共演! ハムレットスピンオフ名作に挑む

画像提供:マイナビニュース

俳優の生田斗真と菅田将暉が、舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』に出演することが16日、わかった。

同作はイギリスの巨匠トム・ストッパードの代表作で、1966年より全世界の演劇ファンに『ロズ・ギル』の愛称で呼ばれて親しまれている名作。シェイクスピア『ハムレット』の最後の最後て?「ローセ?ンクランツとキ?ルテ?ンスターンは死んた?……」と一言だけで片付けられてしまった2人組を主人公にした、いわば「ハムレットのスピンオフ戯曲」となる。翻訳・演出は、歴代最年少の30代て?次期新国立劇場演劇部門の芸術監督に任命された、小川絵梨子が務める。

物語は『ハムレット』の裏側で展開する。正気を失ったデンマークの王子・ハムレットについて調べるため、ハムレットの義父である国王・クローディアスに呼び寄せられたハムレットの学友・ローゼンクランツ(生田斗真)とギルデンスターン(菅田将暉)が呼び寄せられた。ただオタオタする二人は、旅の目的を果たす方法がわからないまま、死が待つ終末に向かって運ばれていく。

同作ではハムレット役に林遣都、クローディアスに小野武彦を迎える。他、半海一晃(座長役)、安西慎太郎(オフィーリア/ホレーシオ役)、田川隼嗣(アルフレッド役)、松澤一之(ポローニアス役)、立石涼子(ガートルード役)、林田航平、本多遼、章平、長友郁真が出演する。上演は世田谷パブリックシアターにて10月30日〜11月26日。9月16日より一般前売開始。

○生田斗真コメント

チェーホフ「かもめ」以来、久々の翻訳劇て?す。翻訳劇って、最初はと?うしても、「難しそう……」 というイメーシ?か?あるかもしれませんか?、そのハート?ルの高さを少して?も取っ払って、「演劇って面白い!」「舞台ってこんなに夢か?ある!」、そう皆さんにお伝えする事か?、自分たちの使命た?と思っています。これまて?多くの素敵な先輩たちか?取り組んて?こられた面白い作品て?す。肩の力を抜いてこ?覧頂けるような楽しい舞台にしたいと思っています。菅田くんとの共演は初めてて?す。役柄上、2人て?一緒にいる時間か?圧倒的に多いのて?すか?、一緒にやれると決まったときから、「気持ちよくやれそう!」という予感か?あり、す?っと楽しみにしてきました。
菅田くんと一緒に、ます?は自分たちも楽しく演し?ることを大事にしたいと思います。演出の小川絵梨子さんとも初めてこ?一緒します。とにかく小川さんか?手か?ける舞台は、十発十中、面白い! 僕らて?、その期待にも沿えるよう頑張ります!

○菅田将暉コメント

舞台は、毎回とても高い経験値か?もらえます。今回は、蜷川幸雄さん演出の『ロミオとシ?ュリエット』以来3年ふ?りの舞台て?すか?、久々のライフ?て?の芝居や演出の小川絵梨子さんから得る新たな刺激を楽しみにしています。小川さんの演出を受けたことか?ある役者仲間は皆、「大変た?った……」と口て?は言うんて?す。て?も、皆、とてもいい顔つきになっているんて?すよね。た?から、僕も、小川さんには 鍛えていたた?きたい、と思っています。
生田斗真さんの舞台は、もちろん何度も拝見していますか?、ステーシ?からの圧倒的な迫力か?強烈に記憶に残っています。あの迫力に負けないように頑張らないと……て?すね。
そして、生田さんとは、演技中もす?っと2人一緒に動いているのて?すか?、実は、芝居以外て?楽しみにしていることか?あります。僕、鼻フェチというか……(笑)、生田さんの鼻スシ?や横顔って本当にキレイて?すよね。一緒に芝居をして、一番間近て?キレイな横顔を見られて、しかも独り占め! それか?楽しみて?す。

関連記事(外部サイト)