石橋杏奈、鈴木亮平は「本当のお兄ちゃんみたい」共演エピソード明かす

石橋杏奈、鈴木亮平は「本当のお兄ちゃんみたい」共演エピソード明かす

画像提供:マイナビニュース

俳優の鈴木亮平、女優の石橋杏奈が15日、都内で行われたWOWOWプライム『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』上映前舞台あいさつに御法川修監督とともに登壇した。

魚乃目三太氏によるマンガを実写化した同作は、宮沢賢治が愛した食べ物やクラシック音楽を介して家族や親しい人と関わった若かりし日々を描いている。作家を夢みて上京した好奇心旺盛の青年・宮沢賢治を鈴木、賢治の最愛の妹で賢治の1番の理解者であるトシを石橋が演じている。

孤高の存在として語られることが多い宮沢だが、ドラマではユーモアに溢れる天真爛漫な青年。鈴木は「今までにないイメージだったのではないか」といい、役作りは「監督を見ていました。監督が宮沢賢治みたいな人で熱くてピュアでこんな人だったかもしれないなと参考にした部分はありました」と回想。「衣装も、革のジャケットに当時は最先端だった長靴を履いていてイギリス人みたいな格好で、イメージとまったく違って衝撃だった。監督には『もっと元気に、もっとお芝居も大きく、その中に繊細さ』をと言われた」と語った。

鈴木と"兄妹"役となった石橋は、現場での鈴木は「本当のお兄ちゃんみたい」とにっこりで「お芝居のことを、こういうに感じにしたいねという話をたくさんした。プラライベートなことでも知識をくれて本当のお兄ちゃんみたいだった」と仲が深まった様子。“兄”鈴木も「僕もいろいろ教えてもらった。K-POPとか。『この子かっこいい』とか『このグループがきてるんですよ』みたいな」と明かし、「杏奈ちゃんは可憐でかわいいイメージがあったけどお芝居するうえでは負けず嫌いなところがある。トシの自分がこのまま亡くなっていくのは嫌だという表情は杏奈ちゃんのいままでにない表情。僕が力を引き出された部分があって感謝していますね」と話していた。同ドラマは6月17日(毎週土曜 22:00〜 全5話 第1話無料放送)スタート。

関連記事(外部サイト)