『銀魂』映画化に手を出す気はなかった…"いける"判断の裏にファンの声 - 松橋プロデューサーの情熱

『銀魂』映画化に手を出す気はなかった…"いける"判断の裏にファンの声 - 松橋プロデューサーの情熱

画像提供:マイナビニュース

●「福田雄一ならある」という判断
週刊少年ジャンプにて2003年から連載開始、以降絶大な人気を誇り、累計発行部数5,100万部を超えアニメ化も好調な漫画『銀魂』。パラレルワールドの江戸を舞台に、"天人"と呼ばれる宇宙人が登場し、攘夷戦争で白夜叉と恐れられた銀時が主人公として活躍する。とにかく「なんでもあり」で、関係者も「こんな漫画はなかなかない」という同作が、最終章に入った今、満を持して実写映画化される。

マイナビニュースでは『銀魂』に関わる男性たちへの連続インタビュー企画「男達の銀魂道」を実施。今回は松橋真三プロデューサーに、人気作でありながら、その独特な世界観からこれまで実写化されることはなかったが、なぜ今『銀魂』なのか。そして、撮影の苦労について話を伺った。

○福田雄一のファンによって動いた

――『銀魂』映画化の企画については、いつ頃から考えられていたんですか?

もちろんこれだけ売れている漫画なので、映画をやっている人間であれば、いろんな人がやりたい企画だと思いますが、この独特の世界観から手を出しづらい原作だと思っていたので、私から積極的に映画化を提案しようという思いは当初はありませんでした。いろいろなプロデューサーが提案しているという話はチラチラ聞いたりはしましたが、実現した話は聞かなかったので「どうなっているんだろう?」とは気になっていましたね。

――それが今回、福田雄一監督で実現することに。

福田雄一監督が『勇者ヨシヒコ』を作った時に、Twitterに「『銀魂』をやってほしい」というコメントがたくさん寄せられたそうなんです。福田さんはその時『銀魂』のことを知らず「そんな風に言われるんだったら、意地でも読まない」と思っていたらしいんです。ところが、息子さんから「『銀魂』面白いよ」と言われて、読んじゃったらすごく面白くて、「これは面白く作れるんじゃないか」と思ったらしい。そういう話を知って、僕も「脚本・監督が福田雄一ならあるな」と思い、福田さんと話して企画書を集英社に持って行きました。

集英社に持って行った時も「実写化はなかなか難しいんじゃないですか」とは言われました。でも後日連絡が来て「なくはないです」と。実写化の企画が空知先生のところに行った時に「福田監督ならできるかもしれませんね」 とおっしゃったらしい(笑)。「じゃあ、台本を作りますよ」と言って、福田さんと台本作ってお持ちして、何回かやりとりをして、正式に決定しました。

――福田監督が動いたというのが、一番大きかったんですね。台本時点で妖刀・紅桜が登場するというのは、決まっていたんですか?

決まっていました。連載初期の話で、人気のあるエピソードでなければならないし、縦軸の話として紅桜があって、そこに福田さんのギャグがいっぱい散りばめられた作品になるのだったら面白いんじゃないかなというアプローチです。

――アニメも紅桜篇が映画化されていますが、そこは合わせようと意識されたんですか?

意識しているわけではないですが、前半で一番面白かったのがやっぱり紅桜篇だったということだと思います。

●菅田将暉VS佐藤二朗のシーンはすぐ終わった
○1分半のために3〜4日かかっている

――今回はシリアスなシーンもたくさんあって、撮影も苦労があったのではないかと思います。

撮影はもう、本当に大変でした。朝から夜中まで及ぶこともありましたし、編集から仕上げまで完成ギリギリまでCGの作業もあって、大作ですね。アクションの訓練も相当しました。アクションも1分半のために3〜4日くらいかけて撮っています。ただ、志村新八(菅田将暉)VS武市変平太(佐藤二朗)は、午前中だけです(笑)。

前日まで撮っていた神楽(橋本環奈)VS来島また子(菜々緒)は、早朝から遅い時間まで毎日、3日くらい連続で撮っていたんですよね。もう菜々緒さんがへとへとになっていたんですが、翌日来て、佐藤さんが「ヤバダバドゥー」なんて言いながら戦っているのを見て……

 菜々緒「監督、これってどれくらい使うんですか?」
 監督「まるまる使うんじゃない?」
 菜々緒「何分くらいですか」
 監督「3分くらいかな」
 菜々緒「私が昨日までやってたアクションってどれくらいなんですか?」
 監督「1分半くらいかな」

というやりとりが行われてました(笑)。

――アクションシーンにも、それだけメリハリが……。

激しいメリハリですね(笑)。端から端に行っちゃう。

※菅田将暉VS佐藤二朗シーンは予告1の最後に。

――逆に、これは楽しかった、思い出深いということはありますか?

全部楽しかったですね。役者の皆さんも、本当に楽しかったと思うんです。朝から夜中までの撮影だったので、過酷だったとは思うんですが、こういうジャンルの映画も日本にはあまりないし、その中でみんなでワクワクしながら撮れたのでやりがいもあったと思います。普通は自分の出番が終わった後は帰るんですけど、私服になった後にモニターの前に戻ってきて、「銀さんがやってるから見ていこうかな」「ギャグシーンだから見ていこうかな」と自分以外のシーンを見てから帰るんですよ。

○今、日本で1番は小栗旬

――主演の小栗さんにもインタビューする予定ですが、何か伝えたいことがあればぜひ。

多分役者さんって、自分の作品を最初に観た時は恥ずかしいんだと思います。だから、2〜3回目に観たらどういう感想になったのか、知りたいですね。

小栗さんは本当に主役です。座長なので、キャストの中ではリーダーだし、プロデューサー的な思考もある。アクションをどうしたらいいのかというのも、小栗さんのアイディアです。日本の伝統的な剣術で喧嘩殺法をやるのは難しいので、「韓国の方を連れてきて、違うものを入れよう」と提案してくれました。自分がアクションの中心になるので、プランニングを考えてきてくださる。

――そういう方は珍しいですか?

もちろん主役の方はだいたい作品全体のことを考えてくださっていますが、プロデューサーや監督とちゃんと向き合って、明快に「この作品はこうすべき」と話をする方は少ないですね。これからの日本映画界を引っ張る人だと思っています。私は本当に、今、日本で1番は小栗旬だと思います。

――ちなみに、松橋プロデューサーが「打倒、この映画」と思うような作品はありますか?

あんまりライバルがどうこうと考えたことはないんですが、実写邦画で今年一番のヒット作になって欲しいです。

※男達の銀魂道、次回はキャスティングについて、引き続き松橋プロデューサーにお話を伺います。
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)