戸田恵梨香、"コード・ブルー会"の存在を紹介も椎名桔平「呼ばれてない」

戸田恵梨香、"コード・ブルー会"の存在を紹介も椎名桔平「呼ばれてない」

画像提供:マイナビニュース

女優の戸田恵梨香が16日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(7月17日スタート、毎週月曜21:00〜)の"カムバックイベント"に登場。前作から7年の間も、出演者同士で「コード・ブルー会」が開催されていたことを明かした。

戸田は、登壇する前に上映された同シリーズを振り返るダイジェスト映像を見て、「自分の声の高さにビックリしました」と驚きながら、「『コード・ブルー会』がちょこちょこあって、このメンバーで集まって、その時に『またやれたらいいね』という話や、『今はこういう仕事してるんだ』という交流が取れていたので、7年間の時間があったという感覚もなくて、本当に安心して現場に入ることができました」と、会の存在を紹介。

呼びかけ人は浅利陽介が多いそうで、戸田は「そこは山Pだろと思うんですけど」と、主演の山下智久にツッコんだが、浅利は「そろそろかなというタイミングで言ってます」と、幹事の役割をまっとう。

しかし、2ndシーズンから出演している椎名桔平は声がかけられていないそうで、「まだ呼んでいただいてないので、今回3rdシーズンをしっかりやり終えて、呼んでいただけるんじゃないかな」と期待を示した。

出演者たちは、口々に7年間のブランクを感じないことを語ったが、戸田は「昨日、ヘリを降りて、グルっと回って走っていくっていうカットがあったんですけど、ひざ関節に来る(笑)」と、身体的な変化を実感したことを告白。新垣結衣も「息切れがすごかったんです。準備運動しないとここ(ふくらはぎ)が…。待ち時間は、みんなでそんな話ばっかりしてます」と同調し、山下は「撮影が過酷なんで、自然とこの現場にいると、メンタルもフィジカルも強くなると思います」と、副次的な効果を話していた。

『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命』は、2008年7月に、日本で初めてドクターヘリをテーマに取り上げた作品としてスタート。09年1月にはスペシャルドラマ、10年1月からは連ドラの2ndシーズンが放送された。

今作は、藍沢(山下)が脳外科医に、緋山(戸田)が産婦人科医の道を歩むなど、10年以上のキャリアを越えたメンバーたちが、救命を離れて新しい科で力を発揮していたり、家族を失っていたり、恋人と出会っていたり、ライバルとし烈な戦いを繰り広げていたりと、人生の局面に立った新たなストーリーが展開される。

関連記事(外部サイト)