藤原竜也主演『リバース』ドラマオリジナルの結末とは!? 湊かなえも太鼓判

藤原竜也主演『リバース』ドラマオリジナルの結末とは!? 湊かなえも太鼓判

画像提供:マイナビニュース

俳優の藤原竜也が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『リバース』(毎週金曜22:00〜)の最終回がきょう16日、放送される。

湊かなえの同名小説を原作とする同ドラマ。主人公のサラリーマン・深瀬和久(藤原)らが、10年前に大学のゼミ仲間らと行った旅行で起きた親友・広沢由樹(小池撤平)の不審な事故死と向き合っていく様を描いてきた物語が、いよいよラストを迎える。

唯一の親友・広沢が死んだ原因の予想もしていなかった事実に、大きなショックを受ける深瀬。真相を知らない浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らは、急に音信不通になった深瀬のことを心配するが、時間がたっても連絡は取れないままだった。そんな中、美穂子(戸田恵梨香)は、広沢の事件を忘れさせないために今まで自分がしてきたことを謝るため、浅見、村井、谷原、そして谷原の妻・明日香((門脇麦) らと会うのだが…。

この最終回は、原作の結末のその後を描く、ドラマオリジナルのストーリー。原作者・湊かなえお墨付きの結末が待ち受ける。また、ドラマファンにはたまらない仕掛けも登場するという。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)