『ブラタモリ』日本地質学会から表彰「地質学の普及貢献は明らか」

『ブラタモリ』日本地質学会から表彰「地質学の普及貢献は明らか」

画像提供:マイナビニュース

タレントのタモリが出演するNHKの番組『ブラタモリ』(毎週土曜19:30〜)が、日本地質学会から表彰を受けた。

タモリが街をブラブラ歩きながら、歴史をたどっていく同番組。同学会は「タモリ氏の地理・地質好きというキャラクターに負う面も大きいが、それ以上に、訪問地や番組構成、解説する専門家などを決定する番組スタッフの地理・地質の重要性の理解がこの番組を成功に導いている」と評価した。

そして、番組が「地質学の普及に貢献しているのは明らかである」として、今後の番組継続への期待を込め、制作チームが学会表彰されることになった。

きょう17日の放送は、タモリがかつて"名古屋嫌い"を公言していた「名古屋・熱田」を放送。その後7月1日も、かつて「ださいたま」とネタにしていた埼玉の「大宮」と因縁の地が続き、同8日は青森の「弘前」をめぐる。

関連記事(外部サイト)