かわいすぎるMC・芦田愛菜の「かっこよかったです」に、山田孝之大照れ

かわいすぎるMC・芦田愛菜の「かっこよかったです」に、山田孝之大照れ

画像提供:マイナビニュース

『映画 山田孝之 3D』(6月17日公開)の公開記念舞台挨拶が17日に都内で行われ、山田孝之、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督が登場した。

同作は、テレビ東京系ドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』をきっかけに生み出された。「山田孝之」とは何者なのか、思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画となる。『カンヌ映画祭』で製作していた、芦田を主人公にした映画『穢れの森』が様々な事情で頓挫したところに、芦田が山田と山下監督の間に立ち、同作を作ることになった。

今回は同作の「発案者」である芦田がMCを務めた。芦田が「一言ごあい……ご挨拶お願いします。すいません」と噛んだことを謝ると、山田は「いいえ。よろしくお願いします」と優しく受け止める。芦田から「全部を告白して、後悔はないですか?」と問われた山田は「後悔しかないです。なので、何とか上映を止めたかったんですけど、止められなかったです」と悔しさをにじませた。

「試しに実験でやってみたんですけど、実験は失敗することもあるんですよね。(今回の観客は)まだ見てない方たちなので元気なんですけど、先ほど上映後の舞台あいさつを行ったらシーンとしていてですね」と明かす山田。「一つ質問して、映画の最後の方のことで、ムカついた方いますかって言ったら、5〜6人手をあげてという方もいますが。あまりにもしゃべりすぎたのはありますね」と後悔している理由を語った。

芦田は「携わらせていただいて、いろんなことがあったんですけど、私は山田さんとご一緒させていただいて、自分のことを知ろうとしている山田さんがかっこいいと思いました」と山田を絶賛。すると山田は笑みを抑えきれず、うつむいて照れた様子だった。

初めてMCを務めた芦田が「本当に、いつもと逆の立場なので不思議な気分ですね」と振り返ると、山田は「優しい気持ちになれますね」としみじみ。山下も「芦田さんがいるとちょっとほっとする」と芦田の存在について語った。松江監督は「こういう雰囲気で『穢れの森』を作ろうとしてたのは無茶だなと改めて思いました」と苦笑。山田はフォトセッションの際にも芦田のそばに寄ってポーズをとるなど、終始あたたかい空気が漂っていた。

関連記事(外部サイト)