松本人志、オモロー山下の転身裏話を暴露「井上公造さんの弟子狙っていた」

松本人志、オモロー山下の転身裏話を暴露「井上公造さんの弟子狙っていた」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、お笑い芸人を引退して『女性自身』専属の記者に転身したオモロー山下氏(48)から相談を受けていたことを明かした。

お笑いの能力に限界を感じて引退を決断したオモロー山下氏。松本は「"オモロー山下"という名前の名前負け感がエグい」「魔法瓶に次ぐぐらいひどい」とイジって笑いを誘い、「実は相談をされたんですよ。数カ月前」と打ち明けた。

食事をしながら人生の選択を相談されたそうで、「俺の中では12年前ぐらいに辞めてるはずなので、報告が遅いぞという話で」と苦笑。一部で「松本が転身を面白がっている」と報じられたことについて、「ちょっと嘘」とやんわりと否定した。

そして、「ホンマのことを言うたら芸能レポーターの弟子になろうとしたんですよ」「もう言うていいのかな? (井上)公造さんのお弟子さんみたいなのを狙ってたのよ」と暴露。「芸人で公造さんのところにいくのは面白いかもと言うたんやけど、そのあといろいろあって振られたんでしょうね」と推測した。

「中途半端なことになっていて、僕は全然これを面白いとは思っていないんですけど」とバッサリと切り捨てた松本。「こいつと飯に行くことはもうない。だって、こいつの前で下手なこと言われへんからね」と警戒している。

関連記事(外部サイト)