乃木坂46の松村沙友理、タイでの白石麻衣は「何をやっても絵になる!」

乃木坂46の松村沙友理、タイでの白石麻衣は「何をやっても絵になる!」

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が19日、都内で行われた「乃木坂46タイ観光大使就任記者発表会」に出席した。

タイ国政府観光庁は、タイの新たな魅力を発信するため、人気アイドルグループの乃木坂46をタイ国観光大使に起用。その就任記者発表会に白石麻衣ら乃木坂46のメンバーが登壇し、タイ国政府観光庁 国際マーケティング担当副総裁のシースダー・ワナピンヨーサック氏から委任状が手渡された。

発表会では、この日からスペシャルサイトで配信されるプロモーション動画が紹介され、新内、堀、齋藤がバンコク、西野、高山がアユタヤ、白石、松村がブーケットを訪れて撮影した動画をお披露目。白石とともにプーケットで撮影を行った松村は「白石とプーケットが最高なんですよね。空も海も砂浜も白石もキレイで完璧! (白石は)何をやっても絵になりました。そうさせるのがプーケットだと思います」と白石とプーケットを絶賛しながら、「本当の友だちみたいで思い出が作れて楽しかったです。また行きたいですね」と白石との再訪を懇願。高山と訪れたアユタヤで巨大なゾウと戯れた西野は「ゾウさんのお腹を触ったんですけど、硬くて毛の一本一本が強く生えていました。初めは怖く、機嫌が悪くなったらどうしようかと思いましたが、私と歳が近かったみたいで、ゾウさんと気が合って楽しく撮影することができました」と笑顔を見せた。

その後、17日に行われた『第9回AKB48選抜総選挙』の話題となり、松村が「見てません。嘘です(笑)。見てました。指原さんが3連覇してすごかったですね」と感想を述べ、高山は「私は個人的に大家志津香を応援していました。来年こそは神セブンに入ることを願っています」とエール。波紋を呼んだNMB48・須藤凛々花の結婚発言の話題については、松村が「渡辺麻友さんはAKB48の功労者。卒業を発表されていなくなっちゃうのは寂しいですね」と話していた。

関連記事(外部サイト)