ディーン・フジオカ、貧乏時代の生活を赤裸々告白 -『TOKIOカケル』初出演

ディーン・フジオカ、貧乏時代の生活を赤裸々告白 -『TOKIOカケル』初出演

画像提供:マイナビニュース

俳優のディーン・フジオカが、あす21日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00〜)に初出演。長瀬智也以外のTOKIOメンバーとは、初共演となる。

ディーンは、ゲストが今まで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOメンバーが考えてぶつける「生まれて初めて聞かれました!」企画で出演。5カ国語を話すというディーンが、TOKIOに「台湾の人がしゃべる北京語」と「北京の人がしゃべる北京語」の違いをレクチャーすると、松岡昌宏は「ジャッキー・チェンみたい!」と叫ぶ。

20代前半のころ、アジア各国を回ったというディーンは、香港滞在中に最初に借りた、3畳程度の狭い部屋での日常生活を赤裸々に告白。モデルにスカウトされたものの、どうすれば良いか分からなかったという香港時代には、食べるためには何でもやったと語り、当時の仕事や貧乏時代に抱いていた思いを語り尽くす。

ほかにも、山口達也からの「トイレットペーパー、どう巻いている?」という質問に対しては、セット内にトイレを再現し、実際にトイレットペーパーを巻く姿を披露。

そして、共演した映画の撮影中に長瀬と音楽話で盛り上がったということで、ディーンと長瀬がギターセッションを行うことに。その後には、「弾き語りはお酒を飲んだ後でしかやらない」と言った城島茂が、大切な人だけに見せるという弾き語りを特別に見せる。

関連記事(外部サイト)