高橋優、高校野球応援ソング完成「夢をかなえることを前向きに」

高橋優、高校野球応援ソング完成「夢をかなえることを前向きに」

画像提供:マイナビニュース

シンガーソングライターの高橋優が、ABC夏の高校野球応援ソングを完成させた。タイトルは「虹」で、高橋は「夢をかなえることを、前向きに受け取ってもらえる曲」と紹介している。

この楽曲は、高橋が全国各地を旅して制作。試合に臨む球児たちの姿を見て浮かんだという「虹を待つな、虹になれ」という言葉をテーマに、球児や応援する人だけでなく、夢に向かっている全ての人の背中を押すような楽曲に仕上がった。

高橋は「球児たちのかっこいい瞬間は、誰も見逃さないんですけど、かっこ悪い瞬間も結構、試合中にはたくさんあって。思っていたのと違う方向にボールがバウンドして、キャッチできなかったり、トンネルしてしまったり、そういうミスをしてしまう瞬間…それらを見て、スポットライトを浴びている、たった一人のスーパースターの曲ではなく、泥に塗れていたり、試合に勝てなかったり、でも勝ちに憧れて、諦めないで練習していたり、そういう人たちへの曲を作りたいと意識しました」と話している。

この応援ソングは、7月25日から、全国49の代表校決定まで放送される予定の『速報!甲子園への道』(ABC・テレビ朝日系全国ネット)や、8月7〜21日(予定)の『ABC 高校野球中継』(関西ローカル)、そして大会期間中の『熱闘甲子園』(ABC・テレビ朝日系全国ネット)などで使用。

また、ABCでは、甲子園で歌う高橋の映像と、高校球児たちの映像を合わせたVTRを作成し、同局の特設サイトで公開している。

関連記事(外部サイト)