村上信五、黒木瞳とMC初タッグ - 厳しい選考に「テレ朝は悪いですね(笑)」

村上信五、黒木瞳とMC初タッグ - 厳しい選考に「テレ朝は悪いですね(笑)」

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五と、女優の黒木瞳がMCとして初タッグを組むテレビ朝日系の単発音楽バラエティ番組『音楽チャンプ』が、30日(23:15〜24:15)に放送される。

これは、次世代を担うスター・パフォーマーの発掘を目指す、リアリティ音楽オーディション番組。歌、ピアノ、ダンス、バンドなど、音楽のあらゆるジャンルで老若男女問わず全国からパフォーマーを募集し、審査では円形ステージで観客や、勝俣州和、東山紀之、ホラン千秋、森公美子というゲストに360度取り囲まれた中、練習の成果を披露する。採点方式は、亀渕友香、菅井秀憲、田中隼人の「辛口審査員による採点」と「ロボットによる採点」だ。

今回の番組では、「歌唱部門」で音楽チャンプを目指すアマチュアがエントリー。動画審査をへて予選ブロックに進んだ6人(大山未夢、海藏亮太、清水美依紗、高橋亜弥、中上綾女、米川真里絵)が、決勝進出の上位2枠を競い合い、残った2人に審査員が1週間みっちり個別指導を行い、優勝賞金100万円がかかる大舞台で、同じ課題曲を披露する。

村上は「挑戦者のみなさんからは、レベルの高さとハートの強さ、いい意味の野心が伝わってきました」と感想。「みなさんがスターの素質を持っていると感じました。僕ほどではないですけどね(笑)」と冗談めかしながら、「オーディションでここまで追い込むなんてテレ朝は悪いですね(笑)。でも、どんな歌声が聴けるのか本当に楽しみ!」と期待を語る。

黒木は「オーディションというのは酷なものですよね。わたしも他人事とは思えず、みなさんを応援する気持ちで見ていましたが、決勝に進む方はもちろん、落ちた方もきっとこの悔しさをバネに頑張られると思います」と同情。「決勝進出のお2人とも初めて歌うという曲を、1週間かけて練習し挑戦なさるということなので、それぞれがどうものにされるのかは本当に見ものだと思います」と見どころを話した。

関連記事(外部サイト)