林家ペー・パー子、伊藤淳史主演『脳にスマホが埋められた!』に本人役で出演

林家ペー・パー子、伊藤淳史主演『脳にスマホが埋められた!』に本人役で出演

画像提供:マイナビニュース

漫談家の林家ペー・パー子夫妻が、7月6日スタートの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜23:59〜)にレギュラー出演することが21日、明らかになった。

鈴木おさむ企画の同作は、主演の伊藤淳史演じるアパレル会社「エグザルトン」のリストラ候補・折茂圭太が、ある日突然"スマホ"のようになってしまい、視界にメッセージの吹き出しが飛び交ったり、他人のメッセージ(=秘密)まで見ることができるという能力まで身につけるというもの。ペー・パー子夫妻は、スマホ人間となった謎を解く重要なキーマンとなることが示唆されている。

今回の役どころについて、ペーは「監督に言われるがままやってました。今でも自分が何役だったのかよくわかっていません。今までいろいろな役を演じましたが、今回が一番難解でした」と困惑ぎみ。もしスマホ人間になれるとしたら、「たくさんの有名女優さんとこっそりツーショットを撮りためたいです」と、やはりパー子の被写体になりたいようだ。

関連記事(外部サイト)