チュート・徳井、オネエのヘアメーク役で「女装のコント経験を生かしたい」

チュート・徳井、オネエのヘアメーク役で「女装のコント経験を生かしたい」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、真木よう子主演のフジテレビ系ドラマ『セシルのもくろみ』(7月13日スタート、毎週木曜22:00〜 ※初回15分拡大)に出演することが22日、明らかになった。

このドラマは、ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーといったさまざまな立場の女性たちがぶつかり合いながら、幸せを探していくストーリー。真木のほか、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子という女優陣が共演する。

そんな中で、徳井に加え、金子ノブアキ、リリー・フランキーという男性キャスト陣がそれぞれ、真木演じる主人公・宮地奈央をサポートしていく役どころで出演することが決まった。

徳井は、奈央の良き理解者であるカリスマヘアメーク・安原トモ役。オネエの役柄だが、「ジェンダーレスな役は前からやってみたいと思っていたんです」といい、「女装とかコントですることも多いので、女性的な身のこなしなどはこれまでにも意識はしてきました。そういった部分を生かしてやっていきたいですね」と話す。

金子が演じるのは、女性ファッション誌「ヴァニティ」のイケメン専属カメラマン・山上航平役。「いろいろな場面で素晴らしいカメラマンと幾度も出会ってきました。いいキャラクターを作り上げることで、彼らへの敬意を表すことができればと思っています」と意気込みを語る。

そして、リリーが演じるのは、「ヴァニティ」の編集長・南城彰役。「編集長役はこれまでにも何度かやらせていただいていますが、変わった編集長役が多かったので、今回のようなしっかりした役は初めてですね」と語り、「"世渡りの上手い毒気の抜けたオジサン編集長"として、"男"を強く出さないように演じていきたい」と意欲を示した。

他にも、「ヴァニティ」の編集部員役に小野ゆり子、副編集長役に眞島秀和、セレブ主婦ライター役に石橋けい、主人公を支えるスタイリスト役に伊藤修子、奈央の同期で新人主婦モデル役に佐藤江梨子、読者モデル役には藤澤恵麻、奈緒の夫役に宇野祥平、中学生の一人息子役に佐藤瑠生亮、奈央と学生時代からの地元の友達役に加藤雅人といったキャストが集結する。

関連記事(外部サイト)