ジョニー・デップ『パイレーツ』ジャック船長役「楽しくて仕方がない」- 魅力を熱弁

ジョニー・デップ『パイレーツ』ジャック船長役「楽しくて仕方がない」- 魅力を熱弁

画像提供:マイナビニュース

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)のプロモーションで約7カ月ぶり13度目の来日を果たした俳優のジョニー・デップが20日、都内でWEB合同取材に応じ、自身が演じる主人公ジャック・スパロウへの思いを語った。

2003年公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から弧高のジャック・スパロウを演じ、今回で5作目。世界中で愛されている同キャラについて、ジョニーは「最初に脚本をもらったときから、僕はだいぶキャラクターを変えたんだ。この役は演じるのが楽しくて仕方がない」とうれしそうに話し、「なぜかと言うと、どんなことをしても、無責任なバカなことをやっても彼は許されるところがあって、こういうキャラクターは他にはたぶんない。何を言ったって何をしたっていい。それでなんとかなるという珍しい役だと思う」とジャックの魅力を熱弁した。

そして、「スープを作るようにいろんな具材を入れて作り上げた」という同キャラは、「なかなか現場に置いていけない」とジョニー。「同じキャラクターばかり演じるのは本当はよくないし、僕も退屈してクレイジーになってしまう」と言い、「いろんな役が僕の中に残っているよ。そういうのが全部残っているのは悩のためにはよくないのかな」と、その場で過去に演じたキャラクターをいくつか演じて見せた。ジャック・スパロウは、これまでジョニーが演じてきた数々のキャラクターの中でも、特に体に染み込んでいることだろう。

また、「俳優という仕事はいろんな役を演じる。すばらしいことは、私生活でジャック・スバロウのような行動はできない。彼になりきるからああいう行動ができる」と話し、「よく俳優は、この役はこういうことをしてここまで到達したと言うけど、ジャックはそういう到達点がなく、ずっと同じ地点にいる」と説明。さらに、ジャックを理解するために高温のサウナに入ったことを明かし、「すごい恐ろしいことになったよ。脳が溶け出すような…。みなさんには絶対おすすめしないけど、彼のことを理解するためにそんなこともしたんだ」と笑った。

本作では、孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、"海の死神"サラザールが解き放たれ、海賊全滅へのカウントダウンは始まる。ジャックがサラザールの復讐から逃れる唯一の方法は、"最後の海賊"のみが見つけ出せる伝説の秘宝"ポセイドンの槍"を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナー、ウィルの息子ヘンリー・ターナー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、さまざまな運命が交差し、ジャック・スパロウ誕生の瞬間も描かれる。

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)