スーマラ武智、芸人の車トラブルで濡れ衣「問題ある車に全部同乗してない!」

スーマラ武智、芸人の車トラブルで濡れ衣「問題ある車に全部同乗してない!」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・スーパーマラドーナの武智が22日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで行われた、若手漫才師の王座決定戦『M-1グランプリ2017』の開催会見に登場。最近起こった芸人の車関係のトラブルで、濡れ衣を着せられた。

昨年、最終決戦に進出したスーパーマラドーナは、今年も参戦を表明。前年王者の銀シャリは不参加を発表したが、ほかにも、ミキ、三四郎、霜降り明星、南海キャンディーズ、スリムクラブ、カミナリ、相席スタート、とろサーモン、アキナ、和牛、さらば青春の光が、参戦に名乗りを上げた。

会見では「これだけは言わせてくれ!」という暴露コーナーが展開されたが、和牛の水田信二が「スーパーマラドーナの武智さんが、車関係でまた問題起こした」と発言。武智は昨年、NON STYLEの井上裕介が当て逃げ事故を起こしていた際に同乗していたが、「それ以外何もしてないです!」と全力で否定した。

しかし、他の芸人から「ガリガリガリクソンの横にも乗ってましたよね」「堤下さんの横にいた」と、次々に真偽不明の情報が飛び交い、武智は「問題のある車に全部同乗してない!」とあらためて否定していた。

そんな中、相方の田中一彦は「休みたいから、(武智に)悪さしてほしいです」とマイペース。決勝進出はしたいそうだが、多忙になるのが嫌だそうで、「まぁ出れてもいいんですけど、優勝はしたくないです」と、独特の感覚を披露した。

今年のエントリーは8月31日まで受け付け。1回戦は8月1日から10月1日まで全国8地区で行われ、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝をへて、決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系で生放送。優勝賞金1,000万円をかけて熱戦が繰り広げられる。

関連記事(外部サイト)