TAKAHIRO、初舞台は円形劇場に「ムラムラ」共演者も演技センス絶賛

TAKAHIRO、初舞台は円形劇場に「ムラムラ」共演者も演技センス絶賛

画像提供:マイナビニュース

ボーカル&ダンスグループ EXILEのTAKAHIROが22日、東京・品川プリンスホテル クラブeXで行われた主演舞台『MOJO』の公開稽古、および囲み取材に、共演の波岡一喜、木村了、尾上寛之、味方良介、横田龍儀、演出・上演台本を務める青木豪とともに登場した。

同作はイギリスで活躍し、映画『007/スペクター』の共同脚本も手がけるジェズ・バターワースのデビュー作で、イギリス演劇界最高の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた。1950年台後半のロンドンのアトランティック・クラブの6人の男たちを描く。TAKAHIROは、どうしようもない歪みを抱えながらどこかカリスマ性のある男・ベイビーを、独特の存在感で演じた。

舞台初挑戦で初主演となるTAKAHIROだが、円形劇場での挑戦に「一言で言うと、ムラムラ。すごい近いですし、横からも後ろからも見れるというのもありながら、皆さんの目線がちょうど……」と股間の辺りを指すと、共演者からも「そこしか使われないから!」と注意が飛ぶ。「30公演あるので、各々の下半身のポテンシャルも注目していただければ」と続け、周囲を笑わせた。

EXILEのメンバーについては「たぶん来てくれると思います」と信頼を寄せるTAKAHIRO。「稽古も(橘)ケンチが1回見に来てくれて、応援してくれて、高評価もくれた」と明かした。今回の6人については、EXILEと「また違うチームワークですけど、負けないくらい固まってって」と自信を見せた。

また、波岡がTAKAHIROについて「初めて舞台をやるとは思えないくらい。理解力や順応性、協調性とリーダー性に秀でてるので、それについていけばいい」と絶賛すると、TAKAHIROは「クレジットカード渡します」と嬉しそうな様子を見せた。木村も「初めてじゃないんじゃないかってくらい、どしんと構えてらして。礼儀正しくて、親しみやすい」と続き、「お芝居もセンスの塊」と称賛。木村が「ぜひ僕にもクレジットカードを」とねだると、TAKAHIROは「いや、家を」を大きく出た。

さらに演出の青木が「言葉のセンスがすごくいい」と評価し、「感性がすごく秀でてて、客席で見ててかっこいいな〜ってよく思うんですよ。お客さんを魅了する術を体で会得してらっしゃる人だから」と褒めると、TAKAHIROは「豪さん、後で定期券渡します」と自らオチをつけた。

公演は品川プリンスホテル クラブeXにて6月23日〜7月14日。

関連記事(外部サイト)