森田剛は”木蓮の佇まい” 舞台『すへ?ての四月のために』鄭義信とタッグ

森田剛は”木蓮の佇まい” 舞台『すへ?ての四月のために』鄭義信とタッグ

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・V6の森田剛が、舞台『すへ?ての四月のために』に主演することが23日、わかった。同作には他、臼田あさ美、西田尚美、村川絵梨、伊藤沙莉、小柳友、稲葉友、池田努、津村知与支、山本亨、麻実れいが出演する。

同作は舞台『焼肉ドラゴン』作・演出を務め演劇賞を総舐めにし、映画『月はと?っちに出ている』『愛を乞うひと』て?数々の賞に輝いた、鄭義信か?新たに書き下ろす。第二次世界大戦時の朝鮮半島近くに浮かふ?日本植民地の島で、理髪店を営む朝鮮人一家と、家族を取り巻く朝鮮人、日本人軍人たちを描く。

森田が演じるのは、麻美と山本が営む理髪店の次女・秋子(臼田)と結婚する新郎・萬石。実は理髪店一家の長女・冬子(西田)への思いを捨てきれずにいた。それぞれ思いを秘める結婚式の場に日本人軍人の篠田(近藤公園)か?、理髪店を日本軍専用とするとの辞令を持ってやってくる。戦時下て?もがくひと人の姿から、人間存在の本質をあふ?り出し、人生、民族、時代を照射していくという。

東京公演は東京芸術劇場 フ?レイハウスにて、11月11日〜29日。また京都公演はロームシアター京都 サウスホールにて12月8日〜13日、北九州公演は北九州芸術劇場 大ホールにて12月22日〜24日に行われる。

○森田剛コメント

約1年半ふ?りの舞台に、以前からこ?一緒したかった鄭義信さん作品に出演させていたた?くということて?今から楽しみて?す。鄭さんか?描かれる人々は、辛い状況下て?も明るく、生きていくことの逞しさや強さを持っていてとても魅かれます。今回は戦時下の朝鮮半島の小島に住んて?いる家族の話ということて?すか?、いつの時代も変わらない家族というものをテーマにしっかり演し?ていけれは?と思っています。

○鄭義信コメント

森田君(君なと?とは失礼かもしれないけれと?、やっは?り君って感し?なのて?す)の舞台て?のたたす?まいを見ていると、僕は木蓮を思いおこします。あの高い梢に白い大きな花を咲かせる木蓮て?す。僕か?描こうとしているのは、歴史の波の中て?翻弄されなか?らも、必死て?生きようとする、ささやかな家族の物語て?す。その中て?、彼か?と?んな花を咲かせてくれるのか、今から楽しみにしています。

関連記事(外部サイト)