森山未來×土屋太鳳、『プルートゥ』アトム&ウランに! ダンスデュオ構想も

森山未來×土屋太鳳、『プルートゥ』アトム&ウランに! ダンスデュオ構想も

画像提供:マイナビニュース

俳優の森山未來主演の舞台『フ?ルートゥ PLUTO』が上演されることが23日、わかった。森山に加え、土屋太鳳、大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明がメインキャストを務める。

原作は、手塚治虫の名作『鉄腕アトム』「地上最大のロボット」を、漫画家の浦沢直樹とストーリー共同制作者の長崎尚志がリメイクしたコミック『PLUTO』。2015年に森山主演で舞台化され、タ?ンス、音楽、映像、ハ?ヘ?ットなどの表現方法を駆使して高評価を得た。今回は構成・演出なと?を新たに構築、さらにヨーロッパでの海外公演も決定した。

現代舞台芸術を牽引する世界的天才振付家シテ?ィ・ラルヒ?・シェルカウイが、 2015年に引き続き演出・振付を行う。ダンサーとしても高い評価を得る森山と、幼い頃からダンスを習い、大学て?舞踏学を専攻する土屋のタッグだけに、パフォーマンス競演にも注目。アトムを演じる森山は「土屋太鳳さんとはいつか関わることか?て?きれは?と思っていたのて?、一緒に作品作りか?て?きるのを今から楽しみにしています。アトムとウランのテ?ュオか?て?きたりしたら面白いて?すよね」と土屋に語りかけた。

舞台初出演となる土屋は、不思議な能力を持つアトムの妹・ウランと、ケ?シ?ヒトの妻・ヘレナの二役を演じる。「演技に心を奪われてから12年、『舞台』という場所に憧れ続けてきました」と明かすほど、満を持しての出演。「役を生きる役者さんか?たは、動く太陽のように輝いたり、全てか?消えてしまいそうなほと?胸に迫ったり……素晴らしい演技をたくさん拝見してきました。た?からこそ、舞台という場所を目の前にした今、畏れを強く感し?ています」と語り、「舞台の上て?、ウランとヘレナとして生きたいと思います」と意気込んだ。

高性能ロホ?ットて?ありなか?ら自身のアイテ?ンティティを追い求めるというケ?シ?ヒトを演じる大東は、原作ファン&前回の公演も観劇済で、同作に思いれたっぷり。「勝手に思い入れのある作品にまさか参加て?きるなんて……。とても楽しみて?す」と喜んだ。

また吉見はお茶の水博士、吹越は物語のキーハ?ーソン・天才科学者のアフ?ラー、柄本はアトムの生みの親・天馬博士を演じる。他、上月一臣、大植真太郎、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、AYUMI、湯浅永麻、森井淳、笹本龍史が出演。東京公演はBunkamura シアターコクーンにて2018年1月7〜28、海外公演はイキ?リス・オランタ?・ヘ?ルキ?ーにて2018年2月、大阪公演は森ノ宮ヒ?ロティホールにて2018年3月上旬を予定している。

関連記事(外部サイト)