森口博子、念願のアニソン番組がレギュラー化「希望が形になってワクワク」

森口博子、念願のアニソン番組がレギュラー化「希望が形になってワクワク」

画像提供:マイナビニュース

歌手でタレントの森口博子がMCを務めるBS11の新番組『Anison Days』が、7月6日にスタートすることが決まった。毎週木曜(23:00〜23:30)に放送される。

この番組は、5月27日に放送した特番をレギュラー化するもの。人々の心と時代を彩ってきたアニメソングの歴史と魅力を、さまざまな角度からひも解き、森口とサブMCのミュージシャン・酒井ミキオが、ゲストとともにオリジナルアレンジで名曲を披露するスタジオライブも展開する。

レギュラー1回目のゲストは、『スレイヤーズ』『少女革命ウテナ』といったヒットアニメの主題歌を数多く手がけている奥井雅美。奥井は「ルパン三世愛のテーマ」、森口は「コブラ」、酒井は「1/3の純情な感情」を熱唱する。

森口は、今回のレギュラー化に「特番からすでに理想のスタイルが確立されていて、私自身すっかりこの番組の大ファンになりました。放送後、SNSなどでファンの方々が『こんな良い番組またやってほしい』と望んでくれていたので、希望が形になってワクワクしています」と期待。「パワーがあふれるアニソンのすばらしさを、あらためてお伝えしたいです。リアル世代の方々は、ノスタルジーを感じながらも再発見があると思います。若い世代の方々には、不滅の魅力に触れていただきたいです」と呼びかけている。

酒井は、森口について「数々の番組を経験している方なので、その"トーク力"を間近で感じるのは、とても刺激を受けます」と印象を語り、「学びながらも精いっぱい、サポートしていきたいと思っています」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)