海老蔵、麻央さんへ「いつも想ってる」父としての覚悟も【会見全文3(終)】

海老蔵、麻央さんへ「いつも想ってる」父としての覚悟も【会見全文3(終)】

画像提供:マイナビニュース

歌舞伎俳優の市川海老蔵が23日、都内で東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで開催中の自主公演の合間に会見を行い、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が乳がん闘病の末、22日に亡くなったことを報告。約400人の報道陣の前で、麻央さんの最期の様子や麻央さんへの思いを、涙を流しながら語った。

以下、会見での一問一答(3)

――子供さんへの言葉で印象に残っていることは?

心残りだったと思います。2人のことについては、どうすればいいんだろうと考えても、答えは出なかったことだと思います。ですから、いろんなことがあり、今回も子供たちが出演したり、7月にせがれが出るんですけど、見に来ることを1つの目標として、いろんなものを作ったんですけど。でも、きっと見ていると思うんでね。心配で心配でしょうがないんじゃないでしょうか。

――海老蔵さんに託されたことは?

多すぎて言葉に出せないですね。このあとも舞台もありますし、来月も舞台ありますし 子供の舞台もありますし、勸玄の稽古、麗禾の成長のことも考えますし、5歳と4歳ですから、これからお母さんという存在が彼女や彼には非常に重要な存在なわけではないですか。それを失った。僕は代わりにはなれないですけど、できる限りのことをやっていこうと思っています。

――麻央さんからよく聞いた言葉で思い出される言葉はありますか?

やはり、言葉というか、お姉さまの麻耶さんが調子悪くなったとき、私が舞台で非常に疲れたときも、彼女自身はもっと重い病にかかっている、麻央の方が大変なのに、自分よりも相手のことを心配する優しさ、言葉ということではなくて、どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち…これがね、一番大きかったですね。

――どんな奥さんでしたか?

わかりませんね。僕を変えた奥さんなんじゃないですかね。

――プロポーズのときに「来世も、その来世も」と。

そのつもりです。その話もしました。僕が愛想を尽かされないように頑張らないといけない。

――改めて今、麻央さんに伝えたいことは?

まだ、昨日の今日なので、こういところも聞いていると思うんで、全部聞いていると思うんで、言うことは言わなくても伝わると思うんで。「いつも想ってる」ということですよね。

(最後のあいさつ)

麻央のブログや麻央の存在で励まされた方々がいらっしゃるということで、今回のこのような形もとらせていただいた。実際そういうことがなければ、このようなことをご報告する自体が形としてはどうかと思います。ですが そういう多くの麻央のことを応援してくださった方、また、麻央と共に戦っている方々、昨日先に旅立ちましたけど、ずっと麻央はきっと皆さんの側にもいると思うので。本当にいろいろ、ありがとうございました。

関連記事(外部サイト)