指原莉乃、香取慎吾の助言に感謝 - 「ファンのために動く」から見えるもの

指原莉乃、香取慎吾の助言に感謝 - 「ファンのために動く」から見えるもの

画像提供:マイナビニュース

HKT48の指原莉乃(24)が、25日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、元SMAP・香取慎吾(40)への感謝の気持ちを語った。

9月でジャニーズ事務所を退所する香取。指原は、「実は昨日香取さんと1日ロケをしました」と明かし、「もちろんその話はしてないですし、いつも通り楽しくお話してくれましたし、ロケだったので移動も全部一緒だったんですけど、ずっと変わらずみんなとしゃべって楽しくロケを終えました」と報告した。

また、「自分の話になっちゃうんですけど」と前置きしながら、香取の助言で「第9回AKB48選抜総選挙」に出馬したことを告白。半年前のロケ終わりに話す機会があり、出馬するかどうかを悩んでいると伝えたところ、「ファンはきっと『三連覇をして殿堂入り』みたいな形で総選挙から退くのがいちばん望まれていると思うから絶対に出た方がいい。ファンのために動いた方がいい」と説得されたという。

香取は総選挙の開票も見守っていたようで、前日のロケでは、「緊張したよ」「これからはファンのことを考えて、ファンと共にゆっくり活動できるね。長くアイドルできるね」という言葉も。指原は、「私のことよりも、とにかくファンのことを一番に考える方。説明の場を絶対に設けてくれると思うし、ファンの方はそれを信じていいんじゃないのかなと。私は今までの言動からそう思います」と香取のファンに向けてメッセージを送った。

関連記事(外部サイト)