芸能界引退の小原裕貴が『ぼくらの勇気』に出演「温かい目で見守って」

芸能界引退の小原裕貴が『ぼくらの勇気』に出演「温かい目で見守って」

画像提供:マイナビニュース

元ジャニーズJr.で芸能界を引退した小原裕貴が、日本テレビ系スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』(7月21日21:00〜)に出演することが26日、明らかになった。

1997年に連続ドラマとして放送された同作は、当時18歳のKinKi Kidsが主演を務め、土曜21時枠で放送されたもの。高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)が、問題や事件を乗り越えながら仲間とともに、暴力に支配された子供だけの街に秩序を取り戻していくというストーリーで、その最終回で「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた彼らが、KinKi Kidsのデビュー20周年を記念して、その約束を果たすことになる。

そして、連ドラで、ヤマトの親友・キイチを演じていた小原も、今回帰ってくることが決定。現在、会社員の小原は「プロデューサーさんから話を聞いたとき驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました」と経緯を明かし、「演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです」と話している。

さらに、高校時代のヤマトの恋人・スズコを演じていた矢田亜希子も出演。矢田は「当時18歳だった私にとってとても印象に残っている作品です」と振り返りながら、「20年たった今、再びこの作品に参加させていただけることがとてもうれしく、大変感謝しております。当時の映像を見返しながら今現在では大人になったスズコという女性がどう生きてきたか、といろいろと想像をふくらませながら精いっぱい演じていこうと思っております」と意気込みを語った。

今作には他にも、最後まで一緒に戦い抜いた仲間だったアキラとモリを演じた、嵐の相葉雅紀と松本潤も出演する。

関連記事(外部サイト)