高杉真宙、全長145mの写真に挑む! 映画『世界でいちばん長い写真』主演

高杉真宙、全長145mの写真に挑む! 映画『世界でいちばん長い写真』主演

画像提供:マイナビニュース

俳優の高杉真宙が、映画『世界でいちばん長い写真』(2018年初夏公開)に主演することが26日、わかった。

同作は誉田哲也の同名小説を実写映画化。映画『にか?くてあまい』で監督を務めた草野翔吾がメガホンを取る。目標もなく、冴えない毎日を送る主人公・宏伸(高杉)が、祖父のリサイクルショップで見つけた、世界一長いパノラマ写真が撮れるカメラを見つけ、だんだんと人生が変わっていく。

愛知県の高校で実際にあった出来事をもとにした青春群像劇で、宏伸の従姉役として武田梨奈の出演も決定。原作の舞台て?ある愛知県知多半島エリアて?ロケを敢行し、横幅145mにも及ぶパノラマ写真に挑戦するという。モデルとなったカメラは、故・山本新一さんが独自の技術て?開発した、コンヒ?ュータ制御の360度回転ハ?ノラマカメラで、山本さんが撮った写真は「世界一長い写真」として知られている。

「本物の『世界一長い写真』を見たとき、なせ?て?しょう、自然と涙か?溢れてきました」と振り返る、原作者の誉田。「私は、自分か?涙した意味を突き詰めていけは?、この写真の素晴らしさは小説に写し取れる、きっといい小説になると確信しました」と原作を書いた時の心境を明かした。そして、映画について「写真そのものを映像て?観せられるわけて?すから、感動するに決まってます。面白いに決まってます」と期待を寄せた。

○高杉真宙コメント

台本を読んて?、本当に爽やかな青春物語た?と思いました。コミカルなところもあって、楽しく読みました。僕か?演し?る宏伸は、はし?めは自分に自信か?なく、そのせいて?いろいろ なことに挑戦出来す?、言いたいことも言えないキャラクターて?す。学生の時のと?うしようもない劣等感、思うようにうまくいかない感し?も含めて、青春た?なと思います。そんな宏伸か?「し?いちゃん」のカメラか?きっかけて?変わり、成長していきます。

僕も祖父から受けた影響か?すこ?くたくさんあります。実家にいた頃は祖父母の家か?近かったのて?よく歩いて遊ひ?に行きましたし、最近は祖父から革シ?ャンをもらい、それか?すこ?くお気に入りになって、冬の間す?っとそれを着ていたり。写真部の宏伸て?すか?、僕も撮られることの多い仕事なのて?、自然と写真に興味か?湧くようになり、専門的な事は全然わからないのて?すか?、記念として撮ることは好きて?、地方に行く時なと?はカメラを持って行き ます。宏伸のような役は久しふ?りなんて?すか?、親近感を感し?るところて?す。

また、今回は知多半島オールロケという事て?、これか?きっかけて?知多半島の事を調へ?ましたか?、台本に詰まってる 青春か?そのまま出て来たんし?ゃないかと思うくらい素敵な風景か?溢れているところた?なと思いました。特にひまわり畑か?楽しみて?すね。僕にとって夏か?一番熱かったのは小学生の頃。1日1日か?新鮮て?遊ひ?に必死た?った気か?します。

最近は、昔に比へ?てすこ?くイント?アになっていたのて?、この夏は小学生ふ?りに「世界て?いちは?ん長い写真」て?熱い夏を実感出来るんし?ゃないかと楽しみにしてます。宏伸とともに熱い夏を生きたいと思います!

関連記事(外部サイト)