石原さとみ、赤の着物で艶やかに登場! 汗に苦労も「胸の上を締める」

石原さとみ、赤の着物で艶やかに登場! 汗に苦労も「胸の上を締める」

画像提供:マイナビニュース

女優の石原さとみが26日、東京・浅草寺伝法院で行われた映画『忍びの国』(7月1日公開)の大ヒット祈願イベントに、大野智(嵐)、鈴木亮平、伊勢谷友介、中村義洋監督とともに登場した。

同作は『のぼうの城』『村上海賊の娘』などの著作で知られる小説家・和田竜のヒット作『忍びの国』を実写化。天下統一に向けて勢力を伸ばす織田信長が手出しを禁じた伊賀の忍び集団に、信長の次男・織田信雄が攻め入り、忍者と侍の戦いに発展していく。大野は伊賀最強の忍び・無門、石原は無門の妻・お国を演じる。

艶やかな赤の振袖で現れた石原。同作の撮影でも終始着物姿だったが「着物自体は好きなので、そんなに違和感はなかった」という。しかし、夏の撮影の待ち時間の長さに「暑くて大変で。洋服だったらちょっと緩めるとか着替えるとか簡単なんですけど、着物の場合ってなかなか難しいので」と苦労を振り返った。

石原は「汗をどうやったら止められるんだろう」という点に特に苦労したと語り、「そんなにかかなかったですが、やっぱり脱いだ時にビッシャビシャで。首から下が」と苦笑。「でも、胸の上の部分を締めると、汗が止まるんですよ」とコツを披露し、「顔のアップの時は締めましたね」と明かした。

撮影現場でのムードメーカーを聞かれたキャスト陣は「あんまり絡んでるシーンがないんです」(大野)と顔を見合わせる。石原が「私の中では大野さんがムードメーカーですけど」と大野を見ると、夫役の大野は「そうなりますね。ずっと一緒だったんですよ」と明かし、「お互い料理するとか、プライベート話。地元が一緒なんで、そんな話をずーっと。監督の横でずーっとしてまして」と撮影裏の様子を語った。

現在、大野&石原の地元と近い場所に住んでいるという中村監督は「(地元トークに)入っていくんだけど、20年前とかの話するから、置いてかれて」と時代の差に阻まれた様子。「知ってる知ってる! って行くんだけど、すぐ終わっちゃって」と不満を訴えると、大野も「盛り上がっちゃって、監督ごめんなさい」と謝罪していた。

関連記事(外部サイト)