テレ朝・青山愛アナ、退社と米大学進学を報告「くすぶっていた想いが大きく」

テレ朝・青山愛アナ、退社と米大学進学を報告「くすぶっていた想いが大きく」

画像提供:マイナビニュース

テレビ朝日の青山愛アナウンサー(28)が26日、自身のブログを更新。今月いっぱいの出演で同局を退社し、今夏に渡米してジョージタウン外交大学院へ進学することを発表した。

青山アナは「この度、6月いっぱいの出演をもって、 テレビ朝日を退社することになりました。夏には渡米し、修士取得を目指して、『ジョージタウン外交大学院』へ進学します」と報告。退社について、「『何かあったのでは?』と聞かれることがあるのですが、 そのようなことはないんです!」と説明し、「もちろん、楽しいことばかりの虹色の世界ではありません。いろんなことを言われたり、悩むこと、上手くいかないことも多くありましたが、アナウンサーという仕事が大好きでした」とつづった。

そして、『報道ステーション』、『怒り新党』、『いま世界は』と出演番組を挙げて「スタッフのみなさんと一丸となって番組作りに携わらせていただく中で、たくさんの出会いと学びがあり、非日常が日常となり、本当に恵まれた、特別な6年間でした」と振り返った上で、「一方で、どこかでくすぶっていた想いが大きくなっていきました。『声なき声に光を当てたい』と、飛び込んだメディアの仕事でしたが、もっと現場に近いところで、私にできることがあるのではないか、と。語学や国際感覚、コミュニケーションの力を使って、国際社会に貢献したい。大げさですが、そういった使命感のようなものを抱いてきました」と告白。「より国際開発・国際情勢への知見を深め、キャリアに繋げるために、大学院進学を決断しました」と決断に至った経緯を明かした。

さらに、「これほど恵まれた職場を離れるなんて、おかしい!もったいない!のかな」と悩んだことも明かし、それでも「やっぱり居心地のいい場所を離れてでも、挑戦しなければ、見えない景色があると信じています。勇気を持って、進んでいきたいです」と新しい道へ進む決意をしたという青山アナ。最後に、「世間知らずで、未熟な私を一から育ててくれた会社、仲間、そして何より、番組をご覧くださった視聴者のみなさまには、感謝の想いでいっぱいです。これから進む道で、少しでも恩返しができるよう、精一杯、頑張って参ります。6年間、本当に、ありがとうございました」と感謝の思いをつづった。

関連記事(外部サイト)