加藤綾子、"カトパン"の愛称に当初違和感…フジ新人"クジパン"と比較

加藤綾子、"カトパン"の愛称に当初違和感…フジ新人"クジパン"と比較

画像提供:マイナビニュース

フジテレビの新人女性アナウンサーの登竜門と言われた「○パン」シリーズが3年ぶりに復活し、今年4月に入社した久慈暁子アナウンサーの初冠番組『クジパン』(毎週月〜金25:25〜25:30※初回放送時間は25:55〜26:00)が7月3日よりスタートすることが決定。25日、同シリーズの先輩である元フジテレビアナウンサーの"カトパン"こと加藤綾子をゲストに迎えて初回収録が行われた。

収録後に加藤は「本人は吐きそうって言ってましたけど、全然落ち着いている感じもしましたし、一生懸命進行している姿が初々しくて可愛らしかった。そういうクジパンらしさを持ち味で前面に出していってほしい」とエール。『カトパン』(2008年10月〜2009年3月)に出演していた当時の自分と比べて、「(私は)ドタバタという感じだった。(久慈は)落ち着いて進行とか番宣もしてくれていたので、私よりも全然うまいと思います」と絶賛した。

そして、「見た目もすごくかわいいですし、プラス、ほんわかした雰囲気が久慈のいいところ。それでいてさっぱりとしていて、ちゃんと進行に集中しているというところがすごく好感がもてる」と久慈アナの魅力を熱弁。「このまま、アナウンサーとして気をつけなければいけないところには注意しながら学んでいけば、すごくいいんじゃないかなと思いました」と太鼓判を押した。

その上で、「真面目なので、『ここがよくなかった』『反省ばっかりです』というネガティブな思いばかりだと久慈のよさがなくなってしまう。反省はしても、開き直るというか、同じ失敗はしないぞっていう心構えで、楽しくっていうのをやっていったらいんじゃないかな」とアドバイス。久慈アナは「吹っ切るということも大切にしながらやっていきたいと思います」と憧れの先輩のアドバイスを受け止めた。

加藤はまた、"クジパン"という響きについて「すんなり入ってくる」と言い、自身の"カトパン"は当初、「えっ! カトの方につくんだ…(笑)」と違和感があったと告白。「変に省略してないし、私の衝撃よりも"クジパン"ってきれいにまとまっているなと思いました」と比較して笑った。

関連記事(外部サイト)