サンシャイン池崎『クイズサバイバー』初参戦 - 見せ場作るも「脳が疲れた」

サンシャイン池崎『クイズサバイバー』初参戦 - 見せ場作るも「脳が疲れた」

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人のサンシャイン池崎が、テレビ朝日系バラエティ特番『くりぃむVS林修! 超クイズサバイバー』(28日19:00〜21:48)に初参戦。収録後に感想を語った。

くりぃむしちゅーと林がそれぞれチームリーダーを務め、壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた同特番。池崎は、くりぃむ率いる「芸能人チーム」で出場し、トークで見せ場を作った。

収録を終えた池崎は「楽しかったです…けど、いろいろ考えたので脳が疲れました。人数も多いし、本当にサバイバーでしたね。僕は、あまりクイズ番組に出たことがないので、楽しもうという気持ちもあったんですが、甘かったですね」と反省。

番組名にかけ、「サバイバル」な体験を聞かれると、「『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(同局系)での体験かな。インドの山奥で2週間のテント生活を送ったのはつらかった。トイレも風呂もない。最後には水もなくなって変な井戸水を飲みました。あとは、池の上で1週間生活したのもつらかった。全部テレ朝ですね(笑)」と、振り返っていた。

関連記事(外部サイト)