フジテレビ亀山千広社長がついに退任…希代のヒットメーカーは何を失い、何を残して去っていくのか

フジテレビ亀山千広社長がついに退任…希代のヒットメーカーは何を失い、何を残して去っていくのか

画像提供:マイナビニュース

●平日午後帯番組は上昇傾向に
フジテレビの亀山千広社長が、きょう28日をもって退任する。5月26日に行われた最後の定例会見では「4年間いろいろとお世話になりました」と感謝を述べつつも、視聴率低迷から脱出できなかったことに「非常に申し訳なく思っていますし、残念でなりません」と悔しさをにじませた。

ドラマプロデューサーとして『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』『踊る大捜査線』らをヒットさせた華々しい経歴もあり、何かとメディアを騒がせてきた亀山氏。その発言や低視聴率へのバッシングも少なくなかったが、社長在任期間中に何を行い、何を残して退任するのか。コラムニストの木村隆志氏が検証していく。

○長寿番組の幕引きと生放送への挑戦

2013年6月、亀山氏は視聴率民放3位に転落した同局のピンチを救うべく就任。最大の仕事は"長寿番組の幕引き"だった。

2014年春、国民的番組『笑っていいとも!』(放送期間:31年半)を終了。
2015年春、夕方の『FNNスーパーニュース』(同:17年)、深夜の『ニュースJAPAN』(同:21年)を終了。
2016年春、『ライオンのごきげんよう』(同:31年半)、『東海テレビ制作の昼ドラマ』(同:52年)、『すぽると!』(同:15年)を終了。

長寿番組を次々に終了させる、まさに刷新。バラエティ番組の改編も多く、1980〜90年代の黄金期に掲げた「楽しくなければテレビじゃない」というイメージの刷新を内外に知らしめるような采配だった。言わば、「約30年間続いたイメージを終わらせて、新たなサイクルを模索しよう」ということだが、なかでも象徴的だったのは「生放送への挑戦」。2016年春に、平日朝から夕方までの"15時間生放送"をスタートさせた。

今ではすっかりトークバトルが定着した『バイキング』の視聴率が上昇傾向にあるほか、『直撃LIVE グッディ!』もジリジリと視聴者に浸透しつつあり、今後に期待が持てる。

驚くべきは、同年秋にドラマ再放送を中心とした『メディアミックスα』を開始し、"15時間生放送"をわずか半年でやめてしまったこと。つまり、亀山氏は「批判の声を承知で、間違いを素直に認めて、早めに動いた」ことになる。そんな勇気ある姿勢に、私が接した何人かの社員は「驚かされました」と言っていた。

○「月9を打ち切らない」という英断

一方で、亀山氏が幕引きしなかった長寿番組もある。定例会見で記者たちは超一流のドラマプロデューサーだった亀山氏に、必ず月9ドラマに関する質問をぶつけていた。近年、立て続けに歴代ワースト視聴率を更新している月9ドラマをなぜ打ち切らなかったのか。

他局なら打ち切るであろう苦境の中、誰よりも亀山氏自身が「いまだ話題性は随一である」ことを実感していたのだろう。『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』も含め、「悪いものでも話題性さえあれば、好転しはじめたときの上昇力が大きい」のは事実。今後どうなるかは分からないが、"視聴率は低いがファンの愛情は濃い"これらの番組を終了させなかったことは、のちに「英断だった」と称えられるかもしれない。

もちろん課題も存在する。本来、改編期の起爆剤となるべく新番組に、どうも無難な視聴率狙いのものが多いのだ。今春、フジテレビはゴールデンタイムの新バラエティ番組を2本スタートさせたが、『最上級のひらめきニンゲンを目指せ! クイズ!金の正解!銀の正解!』『潜在能力テスト』と、ともにクイズ番組。「大コケしにくいけど、大ヒットもない」ファミリー層受けを狙ったものであり、局としてのカラーは感じられなかった。

ただ、これは亀山氏の社長在任期間中、『水曜歌謡祭』『オモクリ監督』『超ハマる!爆笑キャラパレード』『モシモノふたり』など、さまざまなジャンルの新番組が低視聴率にあえいだ副作用だろう。今後フジテレビがV字回復を目指すためには、無難な新番組ばかりではなく、「いろいろやってみたけど、うまくいかなかった」という経験をマーケティングとして生かすことが求められている。

●社長交代で風向きが変わる可能性は十分ある
○異例の人事異動と、現場への不介入

もう1つ、亀山氏の采配で忘れてはいけないのは、人事異動。2014年6月、全社員約1,500人中、約1,000人の社員が関連する「開局以来初の大規模人事異動」が行われた。

先月の定例会見で、「社員一人ひとりの能力は他社に劣っていないと思う。私がそういう能力を最大限に発揮する環境を作れなかったことが、今の業績につながっている」と自省したように、亀山氏には人員配置に苦慮していた様子がうかがえる。

もともと亀山氏はヒットドラマを手がけただけでなく、『踊る大捜査線』の映画化を成功させるなど映画事業局のトップを務め、邦画ブームの火付け人と言われる人物。その他にも、プロデューサーを務めた夏のイベント『お台場冒険王2〜レインボーブリッジは封鎖するな!!〜』を成功させるなど、テレビ放送外収入を増やすビジネスセンスを持ち合わせている。

そのため社長在任期間中は、メディアに何度も「制作現場への介入が激しい」と書かれていたが、亀山氏はこれを否定。企画からキャスティング、構成まで、「一切介入しなかった」という。社員を信頼して任せていたのが本当なら、低迷から抜け出せなかった理由は以下の2つ。現在の社員にはもっと強いリーダーシップが必要だったのか。それとも、社員が作り手として偉大な亀山氏の顔色をうかがうような仕事をしていたのか。どちらにしても、噛み合っていなかったのだろう。

○自己批評番組での地道な努力

このところフジテレビも亀山氏も、ネット上で「面白くない」「やらかす」存在として標的にされてばかりだったが、実際のところ真摯な姿勢も見られる。

テレビ局はそれぞれ自己批評番組を放送しているが、フジの『新・週刊フジテレビ批評』は質量ともに他局とは段違いのレベル。他局より放送時間が3〜8倍も長く、どこよりも視聴者と番組審議委員からの辛らつな意見を紹介し、時に各番組のプロデューサーが釈明や謝罪のために出演するなど、番組の改善・向上を図っている。さらに、毎週各界の専門家を招いて、「自局番組に留まらず、テレビ業界全体の発展を模索する」という姿勢は素晴らしい。

そもそも1992年に民放初の自己批評番組を制作したのはフジテレビであり、その社風は受け継がれ、今も地道な取り組みを続けているのだ。それだけに社長交代で風向きが変わる可能性は十分あるだろう。

亀山氏は会社の転換期という厳しい状況での舵取りを強いられたが、それでもいくつかの種を蒔いて退任する。すでにいくつか芽吹きはじめたものもあるが、このまま順調に育って花を咲かせるのか、それとも腐らせてしまうのか。まずは、今年下半期の新体制スタートに注目していきたい。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20〜25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2,000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。
(木村隆志)

関連記事(外部サイト)