デニス・植野、番組での虚偽発言をTV初告白「芸能界から消えかかってる」

デニス・植野、番組での虚偽発言をTV初告白「芸能界から消えかかってる」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビのデニスが、7月2日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週日曜21:58〜)に登場。バラエティ番組のエピソードトークでウソを盛ってしまったことを、テレビ初告白する。

植野行雄と松下宣夫が2010年に結成したデニス。ブラジル人の父と日本人の母を持つ植野の濃い顔立ちを生かしたネタがウケ、デビューから3年後の2013年には、年間139本のテレビに出演し、活躍していた。

しかし、エピソードドークでウソの発言をしたという視聴者への裏切り行為によって業界内で愛想をつかされて仕事が激減。今まさに芸能界から消えかかっていると訴える。

そこで、今回は「ウソを盛りすぎたせいで、芸能界から消えかかってる先生」として、「自分勝手なウソをついて、周囲から孤立しないための授業」を展開。虚偽発言の真相を、植野本人がテレビで初告白し、ウソが招いた悲劇の数々を打ち明けていく。

この日の放送では、お笑いコンビ・ジョイマンも出演し、高木晋哉が、高学歴にもかかわらず極貧生活を送っている現状を嘆く。

関連記事(外部サイト)