ジョイマン・高木、現在の月収は13万円 - エリート街道外れて極貧生活に

ジョイマン・高木、現在の月収は13万円 - エリート街道外れて極貧生活に

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビのジョイマンが、7月2日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週日曜21:58〜)に登場。高学歴にもかかわらず極貧生活を送っている現状を嘆く。

ジョイマンは中学時代、同じバスケットボール部だった高木晋哉と池谷和志の2人で結成。10年ほど前に、ラップネタで大ブレークを果たした。

実は高木、神奈川県屈指の進学校・桐蔭学園高等学校から早稲田大学に進学というエリート街道を歩んできた"高学歴芸人"。しかし、3年間の大学生活でわずか2単位しか取得できずに中退し、その後芸人になるも、現在は月収13万円で、妻子を抱えてギリギリの生活を送っていると打ち明ける。

そこで今回は「あんなに勉強していい大学に入ったのに、何の役にも立っていない先生」として、「エリート街道を歩いていたのに将来、極貧生活を送らないための授業」を展開。

高木は「あんなに勉強して大学に進学したのに、今、それが何にも役立っていない」と嘆きながら、自らの人生を振り返り、「エリート街道を歩んでいたにもかかわらず、将来しくじってしまう人間の3大特徴」を徹底解説。子育て中の親世代や、現在エリート街道を歩いている学生たちに向けて、しくじりから学んだ大切なことを語りかけていく。

この日の放送では、お笑いコンビ・デニスも出演し、植野行雄が、バラエティ番組のエピソードトークでウソを盛ってしまったことを、テレビ初告白する。

関連記事(外部サイト)