上川隆也、"唯一感"から生まれる役への愛着 - 2年ぶりの『遺留捜査』は「混じりっけなくうれしい」

上川隆也、"唯一感"から生まれる役への愛着 - 2年ぶりの『遺留捜査』は「混じりっけなくうれしい」

画像提供:マイナビニュース

●真夏の京都に背広で撮影「いかんともしがたい(笑)」
あの超マイペースな刑事が2年ぶりに帰ってくる……第1シーズンから6年という長期シリーズとなったテレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』(新シリーズ7月13日スタート、毎週木曜20:00〜)。

主演を務める俳優の上川隆也は、ここまで長く演じるキャラクターは今までなかったというだけあって、奔放さや、被害者に寄り添う思いを併せ持つ糸村聡という役に、強い愛着を感じているようだ――。

――まずは、今回の新シリーズ決定をお聞きになった感想を教えてください。

混じりっけなしにうれしかったです。実は、このままなくなっていくかもしれないし、何かの拍子で戻ってくるかもしれないし、どちらもあり得るだろうと思ってたんです。だから、またレギュラーで演じさせていただけるのを伺った時には、雑念なく「また1クール務められるんだ」という感慨に見舞われました。

――今回は京都が舞台です。撮影が始まって、京都ならではの部分を感じることはありますか?

確かに、現場の空気に"京都感"はあります。ただ、演じているのが違う性格の人物だったら、きっと違った面持ちで新しい職場を感じたろうと思うんですけど、こと糸村というキャラクターは、あまりそれを重たく受け止めていないようで、演じている僕自身も、これまでのシリーズと比べて大きく構えたり肩に力が入ることなく、いつもと同様に"ヌルっ"と糸村の役に入れました。自分でも不思議なくらい、初日のファーストカットから糸村でいられたんです。

――1クール(3カ月間)ずっと京都で撮影されるのは初めてと聞きました。夏の京都は暑くて有名ですが、これまで同様に背広を着ての演技は、汗が吹き出してきて大変そうですが…

何か対策ができるということはないのですが、覚悟はしています。背広を着るのは、それが糸村のスタイルなので、いかんともしがたいです(笑)。粛々と演じるだけですね。

――この糸村という役を演じてみて、愛着はいかがですか?

『遺留捜査』が始まったのは、2011年4月という、どうしても忘れられないあの東日本大震災(2011年3月11日発生)の直後でした。役者に何ができるのかを考えさせられた時期でしたが、被害者の思いに寄り添うこのドラマに、僕は意義ややりがいを感じることができたんです。今回は久々に演じるからこそ、あらためてあの時の思いを忘れたくないと思いました。

その上で、糸村という人物は、自分で演じておいてこう言うのも変ですが、確かに奇異な男ではあるんですけど、一方でどこか愛すべきキャラクターであるという実感はあります。もしそれが、こうして繰り返し作品を続けさせていただける要素なのなら、僕もうれしいです。なので、このクールでも色々な局面で糸村がどう振る舞うのかを、一番そばで眺めつつ楽しみたいと思います。

――糸村と言えば、そのショルダーバッグですが、やはり手放せないんですね。

このキャラクターを形作るにあたってのアイコンだと思っています。胸に"Sマーク"のないスーパーマンがありえないように、これが一式そろって糸村なんだと。細かいことを申しますと、前回から時間の隔たりもあり、初めてこのショルダーバッグは新しいものに変わりました。でも糸村にしてみたら、きっと物が入ればいいという考えなので、こだわっているようで、こだわりはないみたいです。トートバックでは彼の行動にきっと差し障りがあるので、ショルダーバッグを何軒も探したんじゃないでしょうか(笑)

――ちなみに、中身は?

適時必要なものが出てくるんです(笑)。ドラえもんの4次元ポケットように容量を超えた長い筒などは出てきませんけれども、これに入るものならば何でも出てくるし入れてしまうようで、そこは僕自身も毎回楽しみです。

――暑さ対策グッズも出てくるかもしれないですね。

なるほど(笑)。僕自身もよく分かっていないので、視聴者の皆さんも一緒に楽しみにしていただければうれしいです。いつぞやは包装の解かれた「あんパン」を入れてたりしたので、あのあんパンはその後どうなったんだろうと僕自身は心配なんですが、糸村は気にもしていないようです。そうしたあたりも、糸村の人となりの自由度の高さなんだろうというふうに受け止めています。

●ツッコミがいのある共演者は…
――第1シーズンが始まってから6年がたちますが、そんな糸村に何か変化はあったのでしょうか?

どうやらその様子がない(笑)。でも、その変わらなさが面白いと思えるんです。糸村の奔放さは、他で務めさせていただいているどんな役にもない部分。この唯一感こそが6年をへて僕がより強く感じてしまっている愛着なのかもしれません。

――それは、この第4シリーズが終わったときにも、変わらないのでしょうか。

(しばし黙考の後…)変わらないような気がします。大きな山の地層を調べたら、大昔は海の底にあったことが分かるなんて話がありますが、その変化は僕らには感じられないゆっくりとしたもの。もちろん、長い目で見たら糸村にも何かの変容はあるかもしれませんけど、1クールの時間の中で彼が大きく変化するようなことは、少なくとも表立ってはないと思います。でも例えば、セカンドシーズンで同僚の死を目の当たりにした糸村がいて、それ以前とそれ以降はなんとなく違うような気がしてるんです。そうしたことが今回のシリーズの中で起きないとも限りません。1クールという時間の持っている可能性の1つだと思います。

――今作では共演者も一新されました。まず、バディを組む神崎莉緒役の栗山千明さんの印象を教えてください。

他局で一度ご一緒させていただいて、その時は上司と部下という関係だったんですが、演じている栗山さんはとてもクレバーで冴えもあります。今回お食事も御一緒したんですけど、そこでは現場で拝見していたようなお人柄とはまた違って、かわいらしさやユーモアもある、とても気さくな方で新たな魅力を感じました。今回の莉緒という女性は、才気走ってもいるんですけど、どちらかというと、自分の感情を押し隠さないようなキャラクターで、彼女のもつ一面が反映されるにはとても面白い役柄だと思いました。どこかファーストシリーズの貫地谷しほりさんと組んでいた時のバディの再来という感じもあります。

――他の共演者の皆さんを含め、現場の雰囲気はいかがですか?

とても良いです(笑)。戸田恵子さんは以前『お水の花道』(フジテレビ系)でご一緒したこともあって何の不安もありませんし、永井大くんはびっくりするくらい場を盛り上げてくださるんです。段田安則さんは今回が初めてなんですが、昔、劇団「夢の遊眠社」の作品の中の一本をビデオで繰り返し見ていた事があって、その中でとても重要な役を演じていらしたのが段田さんだったんです。ですから、段田さんと相対しているときは、20歳そこそこの小僧の自分に戻っている気分です。そして村木役の甲本雅裕氏の存在は「遺留捜査」になくてはならない、大切な要素。彼がいなければ始まりません(笑)。現場の空気はとても和やかに過ごせていますし、お芝居のやりとりもとても円滑です。

――前クールの『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジ系)では、制作発表会見やさんまさんの番組祭り特番で、高嶋政宏さんに的確なツッコミを入れているのが印象的でした。今作で、ツッコミがいのある共演者をあげるとすれば、どなたですか?

しいて申し上げるなら、栗山さんなのかもしれません。あのクールビューティーなルックスからは想像できない天然な発言をポロッとおっしゃったりするので、たぶんチームの中でもマスコット的な存在になっていくんじゃないかなと思います。

――『遺留捜査』は、これまで水曜21時、木曜21時と放送してきて、今回の木曜20時の放送で、テレビ朝日ゴールデンタイムのドラマ枠をすべて制覇したことになります。

流浪の番組です(笑)。番組の特性自体がマイペースな糸村の個性とリンクしているんでしょうか? 細かいことは分かりませんが、そうした判断ができるような素材であったということなんでしょう。ただ、僕は枠が変わるから何かを変えるという思いを持ち込むことはありませんし、『遺留捜査』は『遺留捜査』でありつづければ、枠が移動したことの意味は、後から付いてくるんじゃないかなと思います。

■プロフィール上川隆也1965年生れ、東京都出身。中央大学経済学部在学中の1989年に演劇集団キャラメルボックスに入団し、1995年にNHK70周年記念日中共同制作ドラマ『大地の子』で主役の「陸一心」役に抜てき。その後も、NHK大河ドラマ『功名が辻』、『エンジェル・ハート』(日本テレビ) 、土曜ワイド劇場『作家六波羅一輝の推理シリーズ』(テレ朝)の主演などで活躍している。
(中島優)

関連記事(外部サイト)