ポルノグラフィティ、グラチャンバレーテーマ曲を担当「後押しする曲に」

ポルノグラフィティ、グラチャンバレーテーマ曲を担当「後押しする曲に」

画像提供:マイナビニュース

ロックバンドのポルノグラフィティが、日本テレビ系で生中継されるバレーボール『ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンバレー)』(9月5日〜17日)のテーマソングを担当することが決定した。

このほど、ポルノグラフィティのメンバーが、日本代表の柳田将洋選手、石川祐希選手とと対談。両選手から「テンションが上がり、背中を押してくれるような曲」というリクエストをもらい、試合も実際に観戦してバレーボールの躍動感や迫力を体感し、現在楽曲を制作中だ。収録したシングルは、9月6日にリリース予定。

ポルノグラフィティは「グラチャンで世界を相手に戦う選手たちを後押しできるような、そしてグラチャンのあとも長くアスリートに愛してもらえるような曲にしたいと思います」と意気込みをコメント。

日本テレビの酒井基成プロデューサーは「誰もが覚えやすいキャッチーな楽曲と、心に残る歌詞が魅力的で、バレーボールが持つ躍動感を表現し、選手への応援歌ともなるテーマソングを作っていただけると思いました」と、依頼した理由を語っている。

関連記事(外部サイト)