土屋太鳳、数々のキスシーン「孫に伝えたい」 作品は"誇り"

土屋太鳳、数々のキスシーン「孫に伝えたい」  作品は"誇り"

画像提供:マイナビニュース

女優の土屋太鳳が1日、都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日公開)の公開記念舞台挨拶に、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、杉野遥亮、井上裕介(NON STYLE)とともに登場した。

同作は、雑誌『Sho-comi』で連載中の同名人気漫画を実写化。土屋は全くモテない女子高生・橘せとかを演じ、血の繋がらないイケメン兄・橘はるかをGENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルの片寄涼太、せとかの初恋の相手で憧れの人・芹川高嶺を千葉雄大が演じる。

「ずっと思っていたけれど、直接言えなかったこと」というトークテーマに、土屋は思いつかない様子。井上から「ないの? 太鳳ちゃん。いっぱいキスしたでしょ?」と質問されると、土屋は「ありがたいことに、本当に孫に伝えていきたいと思います。こんな素敵な方々と共演させていただいたんだよ、って」と答えた。

井上が「孫に!? 結婚もしてないのに!? 子供も生まれてないのに!?」とつっこむと、土屋ははにかんだ笑顔に。井上は「何で自分の子供の、もういっこ先に伝えていくの!」と驚いていた。

土屋は改めて同作について、「本当にアットホームで暖かい現場で育まれて、すごく愛らしいラブストーリーとなりました」と報告。「エンドロールに入りきらないほどたくさんおかたに支えていただいて、どんな大作にも負けないほどの熱いエネルギーを込めて表現しました」と強く語り、「誇りを持って、皆さんに送り届けたいと思います」と丁寧に頭を下げた。

関連記事(外部サイト)