長谷川京子、店員にヨガインストラクターと間違われ「まぁそんなもんです」

長谷川京子、店員にヨガインストラクターと間違われ「まぁそんなもんです」

画像提供:マイナビニュース

女優の長谷川京子が2日、東京・フジテレビ湾岸スタジオで行われた同局系ドラマ『セシルのもくろみ』(13日スタート、毎週木曜22:00〜 ※初回15分拡大)の制作発表会見に登場。プライベートで自分が芸能人であることに気づかれなかったエピソードを明かし、若干の悔しさを見せた。

このドラマは、ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーといったさまざまな立場の女性たちがぶつかり合いながら、幸せを探していくストーリー。真木よう子の主演で、長谷川のほか、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏という女優陣が共演する。

タイトルにある「セシル」というのは、今作では悩み、葛藤、思惑、嫉妬、見栄など女性自身の中に潜む"オンナ"という意味で使われるが、最近そんな場面に遭遇したかという質問に対し、長谷川は、ヨガウエアを買いに行った際、変装していなかったにもかかわらず、店員に「ヨガインストラクターの方ですか?」と、"女優・長谷川京子"であることに気づかれなかったというエピソードを明かした。

長谷川は「そこで、『違います。長谷川です』って言うのもちょっと何だなぁと思って、『あっ、そういうのじゃないんですけど、まぁそんなもんです』みたいな感じで、見栄を張れなかったんです」と告白。

司会の倉田大誠アナウンサーに「でも、気付いてほしいですよね?」と聞かれると、「そうですね…。でも、ヨガインストラクターだと言っていただけるくらいの体だと思って見ていただけたのかなって、ちょっと良い方向に考えるようにしました(笑)」と、前向きに切り替えたことを振り返っていた。

このように、長谷川は最近ヨガを真剣に取り組み始めたそうで、「(頭と腕の3点で倒立する)"ヘッドスタンド"ができるくらいまでには、この夏に極めて、出番が後半からなので、気分を高めて真木さんの元に戻りたいと思います」と目標を宣言。真木が「ドラマの中で、ぜひヘッドスタンドで現れて欲しい」とムチャぶりすると、長谷川は「それまでになんとか仕上げます」と応えた。

関連記事(外部サイト)