アキラ100%、歌丸の批判は「寝耳に水でした」- 新"フリップ"ネタをアピール

アキラ100%、歌丸の批判は「寝耳に水でした」- 新"フリップ"ネタをアピール

画像提供:マイナビニュース

「R-1ぐらんぷり2017」で優勝したお笑い芸人のアキラ100%が、2日にAbemaTVで生配信された『Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ 出場者大発表SP!賞金100万円!』(20:00〜)に出演。8日に生配信される『Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ』への意気込みを語り、落語家の桂歌丸にお盆芸を批判されたことについても言及した。

『Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ』は、フリップを使って笑いをとる"フリップ芸"のチャンピオンを完全視聴者投票制のトーナメント形式で決定する2時間の特別番組。陣内智則がMCを務め、出場者のギャラは0円、優勝者だけが「現役No.1フリップ芸チャンピオン」の称号と賞金100万円を獲得できる。

その事前特別番組として生配信された『Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ 出場者大発表SP!賞金100万円!』では、陣内の進行のもと、387組の応募者の中からオーディションで選ばれた9組を発表。それぞれ優勝への意気込みや心境を語った。

アキラ100%は「賞金の100万円がほしい!その一念でフリップ芸を考えてきました」と話し、陣内から「お盆芸って、歌丸師匠に叩かれていますよね? あの件について教えてもらっていいですか?」と歌丸が自身のお盆芸に苦言を呈したことについて聞かれると、「まさに寝耳に水でした。見えないところからパンチが飛んできた」と当時の心境を表現した。

続けて、「でも、歌丸師匠のためにも、お盆芸以外にもまだあるんだってことを、今回裸芸とフリップ芸を融合した、本当に新しく作ったネタを持ってきてますんで! 楽しみにしてください!」とアピール。「歌丸師匠にAbemaTVを見てほしいですね」と新ネタを見てほしいを話した。

なお、『Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ』出場者は、アキラ100%、ZAZY、赤嶺総理、粗品(霜降り明星)、お笑いコンビ・田中上野、川北茂澄(真空ジェシカ)、えずれひろゆき、メルヘン須長、くっきー(野性爆弾)の9組10名。

(C)AbemaTV

関連記事(外部サイト)