新庄慶が先生に!『ROOKIES』の"ソノサキ"を森田まさのり氏が描き下ろし

新庄慶が先生に!『ROOKIES』の"ソノサキ"を森田まさのり氏が描き下ろし

画像提供:マイナビニュース

人気コミック『ROOKIES』のその先が、テレビ朝日系バラエティ特番『ソノサキ〜のぞいてみたらスゴかった!!!〜』(7日23:15〜24:15)で明らかになる。

この番組は、世の中の気になる物事のその先(="ソノサキ")を調べていくというもの。第3弾の放送となる今回は、ドラマ・映画化もされた『ROOKIES』のソノサキが見たいと原作者・森田まさのり氏にオファーしたところ、奇跡的にOKが出た。

そこで、映像版で関川秀太役を演じた中尾明慶と、森田氏の大ファンであるTKO・木本武宏が、森田氏宅を訪問。この番組のために、森田氏が丸1日かけて、高校卒業3年後のメンバーの姿を描き下ろした原画が公開される。

すると、城田優が演じたチーム一の暴れん坊・新庄慶が先生になっていたという衝撃の真実が発覚。御子柴徹、安仁屋恵壹、平塚秀太など、20代になったメンバーや、熱血教師の主人公・川藤幸一など、コミックス15巻の表紙の構図そのままに、全員のその後を描き上げてくれた"ソノサキ原画"に、中尾と木本は大感動する。

興奮を抑えきれない2人は、森田氏の代表作『ろくでなしブルース』のソノサキについても直撃。「前田太尊は6階級制覇できたの?」「前田と千秋は結婚したの?」など、ファン気になる秘話を聞き出していく。

番組の司会は、バナナマンの設楽統。解答者には、相方の日村勇紀、生駒里奈(乃木坂46)、カンニング竹山、渡辺満里奈が出演し、他にも「スポーツ中継が終わった後、会場ではこんなものが見られる!?というとっておきのソノサキ」「ペットボトルのお茶製造工場から大量に出るお茶がらのソノサキ」「最新式駐輪場に自転車を預けたソノサキにあったハイテクなシステム」などを追跡調査する。

(C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社

関連記事(外部サイト)