窪田正孝、『東京喰種』世界初披露! アメリカのコスプレファン集結で大興奮

窪田正孝、『東京喰種』世界初披露! アメリカのコスプレファン集結で大興奮

画像提供:マイナビニュース

俳優の窪田正孝が、主演映画『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)のワールドプレミア上映に登場した。ワールドプレミアはアメリカ・ロサンゼルスで行われる「ANIME EXPO」にて、現地時間3日に行われた。

同作は、石田スイによる同名コミックの実写化。物語の舞台は、食人の怪人"喰種(グール)"が潜む東京。これまでTVアニメ化、舞台化、ゲーム化など、さまざまなメディアミックスが展開され話題を呼んできた。ある喰種の臓器を移植されたことで、喰種と化してしまった大学生・金木研(カネキ/窪田正孝)が戦いの中で自分自身と向き合っていく。

同作は世界でもファンが多く、2015年にアメリカで発売されたコミック第1巻は、NYタイムズのマンガベストセラーランキング1位を10回獲得している。会場となったアメリカ・ロサンゼルスのJW Mariottでは、19:30の開映にも関わらず早朝から長蛇の列ができ、入場できなかった人もいたという。コスプレをしたファンも多数詰めかけた。

上映前には窪田、萩原監督、永江プロデューサーが登壇。英語で挨拶した萩原監督に合わせ、窪田も「Hello. My name is Masataka Kubota.」と話し始めたが、「僕はあまり英語が話せません」とすぐに暴露し、「みなさん東京喰種は好きですか? 僕も東京喰種LOVEです。世界に誇る漫画を皆さんの手でもっと広めていただければ嬉しいです」と続けた。

上映が終了すると、割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こり、窪田も思わずにっこり。さらに、上映後に登壇した窪田は劇中衣装でマスクを装着するというサプライズで現れた。窪田は「Thank you very much!」と英語で語り、「先ほどブースを回って、みなさんそれぞれのコスプレで、作品を愛してる気持ちとか、役になりきれる瞬間を持っていることをすごく身近に感じられました。でも、どうか人だけは食べないでください(笑)。そして僕は八重歯がありますが、グールではありません!」とジョークを飛ばした。

永江プロデューサーが「印象的だったのは、みんなラストのシリアスなシーンで笑っていましたが、まさかあそこで笑うとは」と言うと、窪田さんは「ザッツシリアス!」とツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。終了後の観客からは「興奮した!」「人生の中でも一番よかった映画を世界で一番最初に観られるなんて、マジでびっくりしたよ!」「ドラマチックでエモーショナル! サスペンスの部分は手に汗握る展開で興奮したよ」と様々な感想が寄せられた。

関連記事(外部サイト)