刑事役多数の仲村トオル、警察官「リスペクト」も就職には消極的

刑事役多数の仲村トオル、警察官「リスペクト」も就職には消極的

画像提供:マイナビニュース

俳優の仲村トオルが、主演のテレビ東京系ドラマ特別企画 堂場瞬一サスペンス『検証捜査』(7月5日 21:00〜23:08)について、内片輝監督とともに同局で取材に応じた。

同作は、小説家の堂場による同名小説をドラマ化。神奈川県警で起こった冤罪事件に、特命班として任命されたワケありの刑事たちが検証捜査を行う。仲村はある事件がきっかけて左遷され、釣り三昧の日々を送っていたがいきなり呼び戻された刑事・神谷悟郎を演じ、女優の栗山千明が性犯罪捜査のスペシャリスト・保井凜を演じる。

内片監督は、同作の一つの見所として、組織の描写を挙げる。同じ警察内でも「捜査をしなければならない方と、仕事だからやらないといけないんだという温度差の違い」があり、「捜査を進めるべきという時に、表向きは『進めましょう』と言うけど、具体的には決して進めない」という上司について「サラリーマンにはよくある」とニヤリ。「それに対して神谷が嫌味を言った上で、『嫌味を言ってるんですよ』と自分で言ってしまう」とキャラクターを説明し、「それが言いたいんだという世のお父さんはいらっしゃる」と語った。

堂場作品にも数多く出演し、『あぶない刑事』シリーズを筆頭に、刑事役の経験豊富な仲村は「サラリーマンの経験がないので、そういう上司に会ったことがないけど、嫌だな」と苦笑。実際に刑事になったとしたらどんな刑事になる? という質問に「まずは、なりたくない。就職したくないなと思います」と答え、周囲を笑わせた。

一方、内片監督は「すごく一生懸命市民のためにというのを第一に考えて働かれるんじゃないですかね。汗水垂らして、市民から愛されて、上司との軋轢もなく、ちゃんとこなしてくれるんじゃないかな」と仲村の刑事姿に期待。仲村は「いつも近所の交番を通る前には、必ず会釈をするようにしています。うちに泥棒が入らないのも、交番のお巡りさんのおかげだよと子供たちにも言っています」と、警察官へのリスペクトを表した。

関連記事(外部サイト)