フジ『バイキング』自己最高8.0%で横並びトップ! 瞬間最高10.3%を記録

フジ『バイキング』自己最高8.0%で横並びトップ! 瞬間最高10.3%を記録

画像提供:マイナビニュース

俳優の坂上忍がMCを務めるフジテレビの情報バラエティ番組『バイキング』(毎週月〜金曜11:55〜13:45)が、6日の放送で自己最高視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)を獲得し、横並びトップとなった。

同番組のこれまでの最高視聴率は、今年1月5日に記録した7.2%で、ここから大きく更新。瞬間最高は、松居一代の衝撃告発動画の話題を取り上げていた12時54分に、10.3%まで上昇した。

そして、同時間帯の番組の視聴率は、NHK『ニュース』(12:00〜12:45)が6.9%、日本テレビ『ヒルナンデス!』(11:55〜13:55)5.2%、テレビ朝日『徹子の部屋』(12:00〜12:30)4.0%、『やすらぎの郷』(12:30〜12:50)4.8%、『ワイド!スクランブル 第2部』(12:50〜13:45)4.2、TBS『ひるおび! 2部』(11:55〜13:49)6.8%で、横並びトップとなった。

2014年4月に、お昼の長寿バラエティ番組『笑っていいとも!』の後を受けてスタートした同番組。当初は苦戦していたが、現在は、毎回専門家や豪華ゲストをスタジオに招き、話題の時事ニュースや、芸能ニュース、さらには身近な出来事について、建前なしの本音で生激論を繰り広げていく"生ホンネトーク番組"というスタイルを導入し、視聴率が上昇している。

関連記事(外部サイト)