実写『ジョジョ』、仗助のスタンド"クレイジー・ダイヤモンド"映像初披露!

実写『ジョジョ』、仗助のスタンド"クレイジー・ダイヤモンド"映像初披露!

画像提供:マイナビニュース

俳優・山崎賢人主演で実写化される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年8月4日公開)の第3段予告が8日、公開された。

同作は荒木飛呂彦原作、1987年に連載を開始した人気コミックで、現在はPart8(第8部)を集英社「ウルトラジャンプ」(集英社)で展開している。今回実写化されるのはPart4(第4部)「ダイヤモンドは砕けない」で、山崎賢人演じる主人公・東方仗助が杜王町に潜むスタンド使いと戦いを繰り広げる。

今回公開された予告では、仗助のスタンド・「クレイジー・ダイヤモンド」が登場。触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる“最も優しいスタンド”と言われるスタンドで、予告ではその能力の一端である、破壊されたものを修復するシーンが確認出来る。

また、水を操り人間の体内に入り込む、凶悪犯アンジェロ(山田孝之)のスタンド「アクア・ネックレス」、スタンド使いを生み出す不思議な弓矢を持っている虹村形兆(岡田将生)、形兆の弟・虹村億泰(新田真剣佑)ら敵対するスタンド使いも登場。「運命に逆らうつもりはない」と神妙に語る形兆や、涙を流す億泰、原作者・荒木飛呂彦が迷彩柄を描き下ろした形兆のスタンド「バッド・カンパニー」のシーンも追加された。

関連記事(外部サイト)