松本人志、テレビ局に提案「視聴率気にしない番組を1つ」「会議に呼んで」

松本人志、テレビ局に提案「視聴率気にしない番組を1つ」「会議に呼んで」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、7日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55〜)で、テレビ局に提案している2つのことを明かした。

今回、俳優の小栗旬がゲスト出演し、「本当に面白くなくなっているし、やっちゃいけないことが多すぎて」などとテレビドラマへの危機感を吐露。これに対し、松本は「各局民放が2番組ぐらい、バラエティでもドラマでも『これは好きにやって良いですよ』『視聴率のことは言わないです』っていう枠を設けないと、本当に面白いものが作れなくなるから、みんなそこで頑張れなくなる」と自身の考えを述べ、「その枠を作ってくれって5年くらい前から言ってるけど、なかなかねえ」とテレビ局に提案していると話した。

そして、「今一番悪い時期なんじゃないかな。1回落ちるところまで落ちてるから、ここからちょっとだけでも上がっていくかな…」と期待。「なんか1個でいいから、例えばドラマ1個でいい、今期これは視聴率を気にしないで本当におもしろいことをやろうよっていうのを作れれば」と繰り返し、「でもそれって、作る側もプレッシャーやけどな」と難しさも口にした。

また、「各局の会議に演者も呼んでくれって。ドラマだったら役者さん、バラエティだったら芸人さん。絶対みんなストレスとか、こうした方がいいっていう意見があるから、その会議に呼んでくれって言ってんねんけど」ともう1つテレビ局に提案していることを告白。しかし、「あは、そうですね」と流され、こちらもまだ実現していないという。

このように自分の意見を述べることに、松本は「すごい疲れる」と言い、小栗も「ただ文句言ってるヤツって…」と漏らすと、坂上忍は「みんなが従って何も言わなくなったら、それが当たり前になっちゃう。だから、発言権がある人、言わないと気が済まない人は言ってほしいと思います」とその必要性を主張。松本が「でもねえ、これ本当疲れるよね」と再びぼやくと、相方の浜田雅功が「頑張ってください!」とエールを送り、笑いが起こった。

関連記事(外部サイト)