ジョニデ、『パイレーツ』サラザール役J・バルデムに出演オファーしていた!?

ジョニデ、『パイレーツ』サラザール役J・バルデムに出演オファーしていた!?

画像提供:マイナビニュース

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(公開中)で、ジョニー・デップ演じる孤高の海賊ジャック・スパロウと、"海の死神"サラザールが海岸で対峙するシーンの本編映像がこのほど、公開された。

映像は、ジャックとの間に因縁を持つサラザールが、復讐を果たすため、ある島までジャックを追い詰めるシーン。しかし、サラザールや彼の亡霊のような手下たちは、呪いの影響で陸地に上がれず、あと一歩のところでジャックに何もできない状況になる。彼らが陸に上がれないとわかったジャックは「陸に上がれない? 知ってたよ」とたちまち得意げな表情に。「礼はたっぷり返す」と凄むサラザールに対しても、余裕の表情で「遠慮しとく」と笑みを浮かべる、ジャックらしい姿が見て取れるシーンとなっている。

サラザール役を演じたオスカー俳優ハビエル・バルデムについて、ジョニー・デップは「ハビエルはとても独創的な演技をしていて、あのキャラクターに入り込んで演じているね。彼の発想や演じ方はとても見事で、彼は死を体現しているんだ」と彼が演技を絶賛。さらに「ハビエルはキャラクターを注意深く見事に作り上げて、見る人が何かを感じられるキャラクターにしている。ひとりの役者として、ハビエルは僕らに多くの贈り物をしてくれるけれど、今回は特に特別なものになっているよね」と語った。

バルデムとこの「パイレーツ」は意外と関係性が深く、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』に出演していた妻ペネロペ・クルスとともに当時、撮影現場を訪れていたという。当時のことをデップは、「ハビエルは撮影スタジオにやってきて、しばらくそこにいたんだよ。その時に『君もこのシリーズに出るべきだ』と彼に言ったことを覚えているよ」と明かし、「そういうことが突如として現実になるのはとても稀だけれどね。ペネロペもハビエルも僕の親友のひとりだし、彼らの子供たちは僕にとって自分の子供のような存在なんだ」と、バルデムとの親交の深さもうかがえるエピソードを披露した。

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)