長嶋一茂、自身のドラフト秘話明かす「親父は広島を薦めていた」

長嶋一茂が『嵐にしやがれ』で、ドラフト1位でヤクルトに入団した当時の秘話を明かす

記事まとめ

  • 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が、日本テレビ系『嵐にしやがれ』にゲスト出演
  • 嵐の櫻井翔が「失礼ながらドラフト1位のイメージ、正直なかったです」と打ち明けた
  • 広島カープからも声がかかっていたといい、父である長嶋茂雄氏は広島を薦めていたそう

長嶋一茂、自身のドラフト秘話明かす「親父は広島を薦めていた」

長嶋一茂、自身のドラフト秘話明かす「親父は広島を薦めていた」

画像提供:マイナビニュース

元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が、8日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『嵐にしやがれ』(毎週土曜21:00〜21:54)にゲスト出演。1987年のドラフト1位でヤクルトに入団した当時の秘話を明かした。

一茂は、ドラフト会議でヤクルトと大洋(現・横浜)から指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得。嵐の櫻井翔が「失礼ながらドラフト1位のイメージ、正直なかったです」と打ち明けると、一茂も「俺もないよ」と笑った。

また、「広島からも声かかってたの」と打ち明け、「親父はすごい広島を薦めていた」と父である長嶋茂雄氏からアドバイスを受けていたことを告白。「広島の選手ってものすごい大型選手が育つ。あれは育成がしっかりしているからで、『一茂、お前も絶対広島がいい』って言われていた」と明かした。

続けて、「でも俺は、当時あれをやってたんですよ。菅原文太さんの『仁義なき戦い』。広島って街中こうなんだと思って、『そんな怖いところ無理だわ親父』って言って断ったの」と説明。その理由にスタジオから笑いが起こり、二宮和也は「ピュアすぎるよ」とツッコんだ。

関連記事(外部サイト)